タイの大気汚染や世界の空気の状況を簡単にチェックできるアプリ「Air Visual」!

スポンサーリンク

タイ生活でやはり大気汚染が気になる!

タイに住んでいると、タイの空気が悪いと感じる事も多いでしょう。実際にPM2.5の大気汚染が話題になり、コロナ用にマスクを買うと思うのですが、どうせ買うのであればPM2.5対策用のマスクを購入するようにしましょう。

コロナ禍でみんなマスクを着けて外出するようになったので大気汚染も防げて外出時にマスクをつけていても違和感が無くなったは非常に良いですね。

バンコクだけでなく、シラチャやチェンマイや工業団地の多い地域などでもやはり大気汚染は問題となっています。ただ、大気汚染は普通に生活している中で目に見える形でどのくらい危険なのか分からないと思います。

最近大気汚染というと

大気汚染って体にどんな影響があるの?

大気汚染は体に悪いとされていますが、どんな影響があるかご存じですが?
大気汚染による影響は大気汚染物質によって大きく異なってきます。物質ごとに異なる影響をご紹介します。

・PM(粒子状物質):M2.5 / SPM

PM(粒子状物質)とは工場などの煙や自動車の排気ガス、砂埃などに含まれる粒子状物質を指す言葉です。大気汚染と聞いて真っ先にPM2.5を思い浮かべる方も良いと思いますが、PM.2.5とは粒径が2.5マイクロメートル以下の小さい微粒子状物質の事を指し、 SPMとは粒径が10マイクロメートル以下の物を指します。

・PM2.5への体の影響
粒が小さいので肺の奥まで入ってきやすいPM2.5やSPMなどは呼吸器や循環器系の疾患の原因となることが多いです。

Ox(光化学オキシダント)

光化学オキシダントという言葉を聞いたことのある人はあまり多くないと思いますが、光化学スモッグという言葉は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?光化学スモッグとは光化学オキシダントが大気中に漂っている現象を指している言葉で、空が白くモヤがかかったような状態になります。

・ Ox (光化学オキシダント)の体の影響

光化学オキシダントの影響を受けると目の痛み・のどの痛みや咳などが症状が出てきます。ひどくなると、めまいや吐き気、頭痛などを引き起こします。

SOx(硫黄酸化物)

硫黄酸化物は石油や石炭などを燃やす際に発生する物質で、工場や火力発電所などから排出されます。
日本では高度経済成長期に問題になりましたが、発展途上国での大気汚染もこの物質が問題になることが多いです。

・SOx(硫黄酸化物)の体の影響

SOx(硫黄酸化物)は気管支炎やぜんそくなどの原因となる物質とされており、呼吸器に影響を与える物質です。

上記の3種類以外にも大気汚染の原因となる物質はたくさんあります。そんな大気の大気汚染の状況を確認する目安としてお使いいただけるアプリをご紹介いたします。

大気汚染をチェックできるアプリ 「Air Visual」

大気汚染を数値化してチェックすることが出来るアプリが「Air Visual」です。
無料アプリで登録も不要なので一度使ってみてください。

IQAir AirVisual | 大気質
IQAir AirVisual | 大気質
開発元:IQAir AG
無料
posted withアプリーチ

  このAir Visualですが、特にタイの空気専用という訳でなく、日本を含む世界の情報を確認する事が出来るので、旅行が決まったら行先の空気の情報をチェックする事も可能です。

Air Visualを実際に使ってみた。

アプリをインストールして、位置情報へのアクセスを許可すると自動で自分の位置情報に基づいた空気の情報を表示してくれます。バンコクの夜の大気汚染の状況をチェックしてみます。

数値が表示されます。AQIという数値が表示されていますが、どのくらいの数値が基準になるのか調べてみました。

指数カテゴリ(健康影響)
0 – 50Good(良い)
51 – 100Moderate(並)
101 – 150Unhealthy for Sensitive Groups(敏感なグループにとっては健康に良くない)
151 – 200Unhealthy(健康に良くない)
201 – 300Very Unhealthy(極めて健康に良くない)
301 – 500Hazardous(危険)

上記の数値を基準としてみると大気汚染の状況は並という事になります。

他の地域の大気汚染の状況もチェックできる

地図という機能で、検索した場所の空気の状況を調べる事も可能です。
これで旅行や出張に行く場合に目的地の空気の状態を調べる事が可能です。

広域の地図で見て大気汚染のひどそうな場所を探してみました。
まずアジアを広めに見てみます。

インド周辺が色が濃いので寄ってみます。

色が濃い場所があるのでそこにズーム!

478という驚異的な数字の場所を発見しました。クリックすると地名が見れます。

インドのBathindaという地名のようです。

この機能で旅先の大気の状態をチェックすることが出来るので旅行前に使う事が出来ます。

リアルタイムの世界の空気が悪いランキングも見れる!

調べた時はインドのデリーが大気汚染ランキング1位になっており、2位がキルギスなどタイは入っていませんでした。

なんとなく、空気が気になった時に気軽に調べられるアプリAir Visualを一度使ってみると大気汚染の状況を見ながら行動を決める基準の一つにできるので良いですね。

さいごに

雨が降ると空気中を俟っている大気汚染物質が少なくなるので空気が綺麗になるので、タイの雨季も悪くないと思っていますが、これからは雨の少ない乾季になるので大気汚染の数字に気を付けていこうと思います。

そんなに使う頻度は高くないですが、入れておいても損はなしアプリだと思います。

タイトルとURLをコピーしました