auのpovoも基本料金0円に?基本料金0円の波は来るか?

スマホ・通信・アプリ

povo1.0からpovo2.0へ進化!

KDDIは9月下旬頃にオンライン専用で提供しているpovoを「povo2.0」として提供を開始するという事です。
現在のpovoの料金プランは「月額2,480円」で「月20GB」という内容で提供を行っており、高速データ容量を使い切ると通信速度が1Mbpsになるというプランで、Docomo・Softbankのプランと横並びとなっていました。

povo1.0は月額2,480円(税別)

まずは今まで提供されていた従来型のpovo1.0を確認してみましょう。

プラン名povo1.0
月額料金2,728円
無料通話0分
高速データ20GB
データ通信4G/5G
国内通話(発信)22円/30秒
SNS(送信)3.3円/通

上記の通り、povo1.0はDocomoのahamo、SoftbankのLINEMOの20GBプランと同じ料金となっていました。

これがpovo2.0になるとどうなるのでしょうか?

povo2.0は月額基本料金無料!

povo2.0は月額基本料金無料という事ですが、どういう内容なのかチェックしてみましょう。

プラン名povo2.0
月額料金0円
無料通話0分
高速データ0GB
データ通信128Kbps
国内通話(発信)22円/30秒
SNS(送信)3.3円/通

上記の通り、無料では128Kbpsという速度でデータ通信を使えるというプランとなります。
高速データを使いたい場合や、無料通話のオプションを付けたい場合には「オプション」として追加する形となります。

【注意事項】
基本料金は無料ですが、180日間で一定料金以上使わない場合には自動で解約になるとの事ですので、無料でずっと運用することは不可能なので注意しましょう。

povo2.0でオプションも進化!

povo2.0の基本プランは無料な代わりに、以下のオプションから必要なパッケージを組み合わせて自分に最適なプランを作るイメージとなります。

povo2.0のオプション
項目詳細期間金額
データトッピング料1GB7日間390円(税込み)
3GB30日間990円(税込み)
20GB30日間2,700円(税込み)
60GB90日間6,490円(税込み)
150GB180日間12,980円(税込み)
データ使い放題 24時間24時間330円(税込み)
コンテンツトッピング料DAZN使い放題パック7日間760円(税込み)
smash.使い放題パック24時間220円(税込み)
通話トッピング料5分以内通話かけ放題1ヶ月間550円(税込み)
通話かけ放題1ヶ月間1,650円(税込み)

上記のように変わっており、20GBプランの場合、1.0では税込み2,728円だったものが2,700円と微妙に安くなる価格設定となっています。
最長の180日間のパッケージを申し込んだ場合には、月額2,164円で月に25GB使える計算となります。
ただ、1ヵ月毎のデータ利用量管理ではないので使いすぎるとすぐになくなる可能性があります。

【注意事項】
※180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。また別途所定の手数料等の費用がかかる場合があります。
金額が具体的に書かれていないのでどういった利用が出来るのか分かりませんが、1回でも申し込めば良いのであれば半年に1回390円の有料トッピングを行えばOKとなりますね。

さいごに

これで月額基本使用料金無料のプランは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」とauの「povo2.0」の2種類となりました。2つとも管理に費用が掛かるので180日間利用が無いと解約となるようになっています。

これにDocomoとSoftbankは追従するのでしょうか。ここから各キャリア基本料金0円のプランを出すと面白いですね。

個人的には楽天モバイルの方が解約の条件が緩いので良いような気がします。