当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

ハワイ旅行が決まったら通信の確保はeSIMがオススメ!|オススメのeSIM3選

日本人に人気の観光スポットと言えばハワイでしょう。
ハワイは世界的に有名なビーチリゾートで他の海外の国と比較すると日本語が通じる場所やお店も多いため昔から長期休暇の際の定番スポットです。

ハワイに行くのを決めた際に次に気になるのがハワイでスマートフォンを使うためにどうするかという事でしょう。通信手段を使う方法としては「国際ローミング」「レンタルWiFi」「現地SIM」「eSIM」の4つの方法がありますが、今回はその中でも最近人気の通信方法である「eSIM」にフォーカスしてご紹介いたします。

最近は日本でもeSIM対応スマホを持っている方も増えてきているので、eSIM対応スマホを持ってきている方は是非次のハワイ旅行にeSIMをお試しください!

ハワイ旅行でeSIMを利用するメリット

ハワイに限らず海外旅行をする際に、スマートフォン1台で気軽に街中を歩きたいと考える方は多いと思います。そんな時にeSIM対応スマホであれば本体内のeSIMに利用したいSIMの情報を書き込んで利用することが出来ます。

レンタルWiFiのようにスマホに加えて別の端末を持ち歩く必要もないので、スマホのバッテリーは残っているのにレンタルWiFiのバッテリーが切れて通信が出来ないといったトラブルやレンタルWiFiの紛失・盗難というトラブルもありません。

利用されるeSIMにサービスによって若干流れは異なりますが、購入から利用開始まで3ステップで簡単です!

① eSIMを申し込むと設定用QRコードが届く。
② 利用開始のタイミングでQRコードを読み込む。*WiFi環境必須
③ eSIMを使ってハワイでインターネット

ハワイ旅行はスマホを使って快適に!

ハワイを旅行する際に気になるのが街中のFreeWiFiの状況だと思います。

基本的には街中のカフェなどはかなりWiFiの整備が進んでおり、滞在先のホテルでも基本的にはWiFiが完備されているので、WiFiが使える場所でのみインターネットを使うという方法でもハワイ滞在中のネット環境を確保することは可能です。

ただ、街を歩きながらMAPを見たり、情報を調べたりしたいという日本と同じ使い方をしたいなら、eSIMの利用が一番快適な方法です!

ハワイ旅行でオススメのeSIM3選

まず、ハワイ旅行で使えるeSIMはかなりの数がありますが、やはりしっかり日本語サポートがあるという点や、価格・商品ラインナップなどで絞っていくとオススメは大体以下の3つの絞られてきます。

それぞれパッケージ内容が異なりますので、是非渡航前にしっかりとチェックしてみて自分に合う物を選んでみてください!

TRAVeSIM |はじめてのeSIMにオススメ

まず、初めてeSIMを使うという方はTRAVeSIMがオススメです。
TRAVeSIM は日本語でのサポートに定評があるので、初めてeSIMを使うという方も安心して利用することが出来ます。

TRAVeSIMは、140以上の国と地域で使えるeSIMのサービスを提供しており、メインは周遊タイプとなり、30以上の国と地域で使えるアジアプランと140以上の国と地域で使えるグローバルプランの2種類のラインナップが売れ筋商品のようです。

高速データ容量はどちらのプランも6GBと短期の旅行には問題ないデータ容量でしょう。
価格もアジアプランが1,980円、グローバルプランが3,980円と費用を抑えたいという方にも最適です。

公式WEBサイトで購入するとすぐに設定用QRコードが届くので、急遽eSIMを購入することになったという方も問題なく利用可能です。

TRAVeSIMの運営会社は日本や海外でMVNO事業を展開するa2networkという日系企業なので、サポート品質も他社に比べて素晴らしいと人気です。

ハワイで使える商品は以下のTRAVeSIMのグローバルプランとなっております。

商品名 TRAVeSIM グローバルプラン
日数 15日間
高速データ 6GB
価格 3,980円

初めて海外旅行でeSIMを使うという方は、TRAVeSIMから初めてみましょう!

airalo |商品ラインナップが豊富

次にオススメなのがairaloです。airaloは外資系の会社が展開するeSIMサービスで、プランのラインナップがかなり豊富という特徴があります。自分に必要なデータ容量や期間によって商品を使い分けたいという方にオススメです。

airaloは、200以上の国と地域で使えるeSIMのサービスを提供しており、かなりの国のeSIMをラインナップしており、高速データ容量・日数によって最適な物を選択可能、少ないデータ容量のプランを選ぶことで通信コストを抑える事が可能です。

尚、airaloでハワイで使えるeSIMを探す際のポイントとしては、「アメリカ合衆国」のeSIMサービスを選択するという事です。

尚、ハワイで調べても対象のeSIMが出てこないのでご注意ください。
airaloのアメリカ合衆国の最安プランは以下の通りです。

商品名 airalo アメリカ合衆国
日数 7日間
高速データ 1GB~
価格 4.50 USD~

上記以外にも日数の長い物や、高速データ容量の多い物などかなりの数の商品ラインナップがあるので、以下のリンクよりまずは商品をチェックしてみてください。

自分に合わせた商品をしっかり選びたいという方はairaloがオススメです!

Holafly|高速データ無制限のeSIM

高速データ通信無制限のSIMカードを探している方はHolaflyで決まり!

最後に高速データ残量を気にせず使いたいという方にオススメなのがHolaflyのeSIMです。旅行期間中に実際にどの程度高速データ容量を使うのか自分では分からないから無制限タイプが良いという方はHolafly一択でしょう。

Holaflyは外資系のeSIM提供会社ですが、他のeSIM提供会社と異なる最大の特徴が無制限タイプのeSIMの商品ラインナップが豊富な点です。

普段自分が毎月どの程度高速データ通信を使っているのか管理している方は少ないと思います。
旅行先でも日本と同様にスマホを使いたいという方は無制限プランが安心でしょう。

そんな時にはHolaflyをチェックしてみる事をオススメします。

実際にハワイで使える無制限タイプのeSIMがあるかチェックしてみたところ、最安値プランは以下の5日間のパッケージでした。

商品名 Holafly ハワイ向け
日数 5日間 ~
高速データ 無制限
価格 2,400円

あとは滞在日数に応じて、自分に合った商品を選ぶだけと商品選びもかなり簡単です。

価格よりも通信の快適さという方はHolaflyの無制限タイプのeSIMを使って、海外滞在中も日本と同じようにスマホを使ってみてください!

eSIMを購入してからの設定も簡単!

今回ご紹介した3つの会社の場合には、公式WEBサイトや公式アプリからeSIMを購入するとすぐに設定用QRコードが届くので、直前の購入や最悪到着後の購入も問題ありません。

また、eSIMを購入してからの設定も簡単でeSIM対応スマホの設定画面からQRコードを読み込むだけとかなり簡単です。

以前、TRAVeSIM を使った際の設定の流れを以下の記事でご紹介しておりますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

さいごに

今回はハワイ旅行で使えるeSIMサービスをご紹介しましたが、上記の3つの中から自分の利用目的に合わせた商品を選んで快適にハワイを旅行してみてください。

今までレンタルWiFiを使っていたという方もeSIMを使ってみるとかなり快適で日本にいる時と変わらずスマホが使えるので快適です。

長期の滞在で海外滞在時に日本の動画サービスを見たいという方はVPNサービスの利用がオススメ、特にオススメはExpress VPN、海外で日本の動画サービスを見たいという方は以下の記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました