当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

タイの首都バンコクで多いトラブルをご紹介!旅行前・赴任前にチェック!|ぼくのノートブック

タイの首都バンコクは比較的安全だけど

日本人が多く住み、観光客も多く訪れる国、タイの首都バンコクですが世界的に見ても治安は悪くなく安心して住める国です。実際に長期滞在をしている人でもトラブルに巻き込まれたという経験がある人はかなり少ないでしょう。

ただ、そんな国タイでもトラブルに巻き込まれる可能性はあり、日本と比べるとトラブルに巻き込まれた際の処理が面倒という事もあります。

なのでバンコクは安全だと言ってもよくあるトラブルなどを事前に知っておくことが重要です。
今回はそんなタイの首都バンコクで生活する上で聞くトラブルなどをご紹介いたします。

特にこれからタイ生活しようかなと考えている人は見てみてください。

バンコクで起きる身近なトラブルは?

バンコクには世界中からたくさんの人が集まってきているので、様々な点で注意が必要です。
普段生活している中にも様々な危険やトラブルが潜んでいます。

在住者はもちろん旅行者の方も気を付けましょう!

野良犬・野良猫

バンコクを歩いていると、野良犬や野良猫を見かける機会がよくあるでしょう。
観光で行ったお寺や買い物に行ったコンビニ、ホテルまでの道などがあります。

野良犬に噛まれるというと日本ではそんなに危険を感じないかもしれませんが、タイで野良犬に噛まれると「狂犬病」にかかる可能性があるので早急に対応が必要になります。

狂犬病は発症してしまうとほぼ100%の方が亡くなる怖い病気なので、野良犬や野良猫に噛まれたりした場合にはすぐに病院に行きましょう!

信号・横断歩道

バンコクをブラブラ歩く際には信号の有無に関わらず横断歩道を渡る際には注意が必要です。

日本であれば青信号になればそこまで気にすることなく道を渡り始めると思いますが、タイの場合には信号が変わっても普通に車やバイクが突っ込んでくるという事があります。また信号のない横断歩道はほとんど止まってくれないので特に注意しましょう。

また、細い道へ曲がってくる車も早いスピードで突っ込んでくる場合があるので、バンコクを歩く際には周りに注意しながら歩くのがオススメです。

タクシー

在住者・観光客限らずバンコクを移動する際に役立つタクシーもトラブルが多いものの一つです。
メーターではなく価格を交渉してくる、メーターの上がるのが早く感じる、お釣りを貰えない、遠回りをされるなどトラブルの種類もかなり多いです。

タクシー運転手とのトラブルは暴行事件に発展する可能性もあるので、揉めないようにしておかしいと思ったら降りる事をオススメします。またタクシーに乗る際には小さなお金も残しておくのが良いでしょう。

大麻関連商品

タイでは2022年6月に医療用大麻が解禁されましたが、街中にはかなりの数の大麻ショップがオープンしました。ただ、医療大麻は解禁されましたが娯楽を目的とした吸引等は認められていないため大麻の使用には罰則が設定されています。

また、大麻入りのお菓子やドリンクなども街中で販売されているので、間違ってお土産で購入して日本に持ち込まないように注意しましょう。

スリ・ひったくり

タイでは凶悪事件はそこまで多くないですが、スリやひったくりなどの犯罪は日本と比較して多いです。人通りのない夜道などでひったくり被害に遭ったり、人混みを歩いていてスリの被害に遭ったりと結構トラブルが多いです。

人通りの少ない夜道は歩かない、カバンは閉められるタイプにして目に見える場所で持つ、ズボンの後ろのポケットにスマホや財布を入れない等なるべく被害に遭わないように注意しましょう!

お金見せて詐欺

バンコクで「お札を見せてほしい」「今度日本に行くから日本円を見せて欲しい」「今から両替に行くからバーツが見たい」などと声を掛けられて気づけば現金やクレジットカードを抜き取られるという詐欺です。

声をかけてくるのは中東系男性・女性・カップルなど様々です。
当たり前ですが、お金を見たがる人は無視をするようにしましょう!

よくあるトラブルは事前にチェック!

上記がバンコク旅行でよくあるトラブルです。

注意することで避ける事が出来るトラブルばかりなので、旅行の前にはしっかりとチェックしてトラブルに巻き込まれないようにご注意ください!

タイトルとURLをコピーしました