タイのバンコクは結構求人が多いけど、結局どういう人が採用されているの?

タイ生活・タイ情報
f:id:yourmobile:20190822154021j:plain




タイの就職に関して

 チョンブリの工業団地を回っていてよく聞くのが、駐在から現地採用への切換えを進めているという話です。実際に日本人求人は減っておらず良い条件の現地採用の求人も増えてきているように感じます。

 業種は営業がやはり多いですが、探していると結構面白そうな内容の求人もちらほらあります。期間を決めて転職活動をしたい場合にはエージェントを使って就職をした方が良いですが、期間を決めていない場合にはゆっくり良い求人を探してみても良いでしょう。 

タイで働く魅力

やはりタイで働く日本人がこれだけ多いのには理由があります。タイで働くという事の魅力に迫っていきましょう!

● 日本では会えない人に会える

 タイで働いていると日本ではまず会えないような大企業の社長に簡単にアポイントを取れます。また異業種交流会やサークル活動なども他の国と比べても積極的に行われているので、そういった場所に積極的に出ていける人であれば間違いなくすごい人脈をタイで築く事が出来るでしょう。

● 仕事を通して様々なスキルが身に着く

 基本的にこれだけ求人があるのは人材が不足しているからと言えます。日本で働いているよりも、より重要で経験を付ける業務を経験出来る可能性が高いです。自分で考えて行動するような人はタイでの就職があっていると思います。逆に指示待ちの人はなかなかタイで出世していくのは難しいのではないでしょうか

● 治安が比較的良い+住みやすい

 タイも海外なので、安全とは言い切れませんが他の東南アジアの国と比較すると治安が良いと言っていいでしょう。良くも悪くもタイ人はのんびりした人が多いですし、普通に接していれば喧嘩になる事はありません。同じ仏教国と言うのも大きいのでしょう。

ご飯もローカルご飯より高いですが、日本食を普通に食べる事も出来ますし食生活で困るという事はあまりないと思います。

タイ就職に求められる人はどんな人?

f:id:yourmobile:20190822151716j:plain

タイ就職を検討するにあたり、どういった日本人がタイの社会で求められているのか自分なりに分析をしてみたのでご紹介していければと思います。

● 求められる語学力

日本語+(英語orタイ語)がベスト!

日本語だけで働ける仕事というと、当然ながら日本人の顧客を対象とした仕事となります。「コールセンター」「旅行業」「不動産屋」「携帯電話ショップ」などが良く求人で見かける内容です。ここに英語かタイ語が加わるだけでかなり仕事を選べる幅が広がります。日本語だけで働ける職場で働きながら語学を身に着けて転職をする人もいますが、誘惑に負けずにこれを達成できる人は多くありません。

● 求められる年齢層

20代~30代前半が一番募集は多い!

 こちらは基本的には日本と同じようなイメージでしょう。40歳代での転職や就職となると経験がある人を求めている会社に会うかどうかというイメージになります。

年齢が高い人は、「優れたスキルを持っている」「素晴らしい経験を持っている」「素晴らしい語学力を持っている」など何か人より秀でた部分がないとなかなか転職が難しいというのが現実です。

● 求められる学歴

学歴よりも「経験」や「スキル」が重視される!

最近は高卒者のビザの取得が結構難しくなってきているようですが、タイで求められる学歴に関してご紹介出来ればと思います。

基本的に日本と同様で学歴に関係のない仕事はあるので、ビザが取れる学歴であれば仕事が見つからないという事はないと思います。工場系は学歴よりも経験を重んじた採用を行っているところもあるので、技術がある人は仕事が見つけやすいでしょう。

● 求められる職歴

特にないが、新卒でタイ就職はあまりおススメ出来ない!

 新卒でタイに来る事も可能なので、特に職歴が無くてもタイで仕事を見つける事は可能です。ただ、日本の会社のように新入社員研修のような物を大々的に行っているところはかなり少ないので、社会人としての初歩のマナーや知識は自分で学んでいく必要があります。おススメは日本で社会人としての基礎を勉強してからタイに来た方が良いです。

● 求められるタイの知識

最適でもタイに来たことがある人がやはり良い!

 タイに来たことが無い人の就職が無理という事が無いですが、意外にタイに住み始めて生活が辛くてすぐに帰ってしまったという話もよく聞きます。職場がどのあたりか、住むのはどのあたりか、ビザの取得に必要な書類は何か、など基本的な情報は事前に収集しておいた方が良いでしょう。 チョンブリの会社に採用されてバンコクと全然違う!と言っても時すでに遅しです。

さいごに

 タイで働いていると、大手の会社の社長とアポイントが簡単に取れたり、交流会で会えたりと人脈を広げる事もでき日本とはまた違った楽しさがあるのは事実ですが、日系企業で働くのであれば結局日本で働いているのと仕事に関しては大差ないです。

むしろ少人数の日本人で業務を回し、タイ人スタッフと調整してと、日本の2倍以上忙しいという人も結構います。

タイでのんびり就職しながら働こうと思っていると、想像とのギャップが激しくすぐに帰りたくなるでしょう。面接の際に気になる事は聞いておいて企業とのギャップを埋めておくことをお勧めします。 

コメント