当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

タイに赴任・移住が決まったら、日系不動産でタイの住まいを探す|ぼくのノートブック

タイに赴任が決まったらタイの住まいを探す必要があります。
とはいえタイと言っても日本人が多く住む「バンコク」と「シラチャ」には日系不動産会社がたくさんあるので日系不動産会社に依頼すると楽だと思います。

ただ、日系不動産は会社によって25,000バーツ以上の物件しか紹介してくれない場合などもあるので、予算が合わない人には自力で探す必要があります。

今回は、日系不動産会社を使う際の流れなどをご紹介していきます。

低予算で物件を探したいという場合にはスックリビングなどの低価格の物件を紹介している日系不動産会社を使ってみると良いでしょう。

タイでの住まいを選ぶポイント

まずは住む地域のことを知る必要がありますが、ネットに様々な情報が出ているのでしっかりと情報収集をしましょう。

バンコクの住む地域選びのポイント

日本人駐在員が多く住む人気の地域はアソーク・プロンポン・トンロー・エカマイのBTS4駅のエリアです。特に北側が人気なのですが、生活に役立つお店やサービス、学校関連が集まっていて住みやすいのが理由です。

上記のエリアには「フジスーパー」や「ドンキモール」などの日本の商品が購入出来るお店が充実しているのでご家族連れはもちろん単身者にも便利な地域です。

近くにあった方が良い物

タイに住む場合に近くに合ったらいい物をいくつかご紹介します。タイでの住まいを選ぶ際の参考にしてください。

● コンビニ
24時間営業しているコンビニが近くにあれば、タバコやお酒、食べ物など買いたくなった際にかなり便利です。日本と比べて夜中に外出するのは危ないので近くにあると便利です。

● 病院
体調が悪くなった際に、自力でタクシーなどを呼んで病院に行く必要がありますが、近くに病院があるとかなり便利です。気軽に病院に行ける距離の物件を選びましょう。

● スーパー
毎日の買い物の場所が遠いと荷物を持って移動するのが面倒です。家の近くにスーパーがあるか、シーローなどの移動手段で気軽に帰れる位置にスーパーがある物件を選びましょう。

● 小学校・幼稚園・保育園
子供がいるご家庭の場合には、こういった施設の送迎の対象となる地域を選ぶ必要があります。どこに通わせるかを踏まえて検討する必要があります。

上記のような情報を踏まえて住む地域が決まったら日系不動産会社に問合せを行いましょう。

日系不動産会社どこで選ぶ?

日系不動産会社ですが、取り扱っている物件はそこまで変わらないので、「取り扱い物件」や「家賃」が大差ないというのが正直なところです。

なのでまずは、しっかりしている会社かどうかを見極めていく事が重要です。
見極めるポイントとしては、以下のようなポイントをみて判断していくと良いしょう。

WEBサイトの情報がしっかりしているか

まずは、初めてのタイ赴任での部屋探しという事で不安な部分もあると思いますが、きっちりとタイと日本の不動産の違いや注意点などを案内していくれているかをチェックしましょう。

また、情報が更新されているかも注意をするのがオススメです。

条件検索が充実していて細かく探せる

物件を検索する際に細かい条件で検索できるサイトほど、しっかりと細かい条件のところまで網羅していて、ユーザーに伝えようとしてくれていると言えるでしょう。

写真の枚数などもしっかりと揃っている会社を選びましょう。

上記のようなポイントを見ながら問合せする会社を選定してみると、日系不動産の有名どころは残ってくると思います。ここから問合せを行って問い合わせの対応の質でどこの不動産会社にお願いするか選んでいきます。

問合せを行った後は、相談→物件紹介→内見という流れで進んでいきます。

問い合わせ対応がしっかりしている会社を選ぶ

タイに赴任して新生活が始まると、意外にお部屋のトラブルというのは少なくありません。
そんな時にしっかりと対応してくれそうかは不動産選びのポイントです。

メール等の返信が早いかどうか

不動産会社の規模によっては新規タイ赴任者が増加すると、どうしても人手が足りずに問合せ対応が遅いという場合が増えてきます。なので問合せした際の返信の速さと丁寧さは重要です。

ひどい会社だと返信がないまましばらく放置されて忘れた頃に返信が来ていたという事もあるようです。返信の早い会社で内見を入れてサクサク部屋探しを進めてきましょう!

対応が丁寧かどうか

また、問合せや内見をした際の担当してくれる人の対応する態度も重要です。
丁寧な接客をしてくれる方がいる会社を選ぶようにしていくと良いでしょう。

内見の際によれよれのスーツの方が来るような会社は避けるのが良いと思います。
しっかりとした営業さんが対応してくれる会社を選びましょう。

タイの日系不動産会社3選

ではタイの日系不動産会社5選をご紹介いたします。この5社は駐在員の方が良く利用している不動産会社なので対応はしっかりしています。

ディアライフ

ディアライフがお部屋探しで海外生活をサポート!急なトラブル、暮らしのご相談も専任部署が対応。お買い物やお子様の学習塾、病院のご紹介までお任せ下さい。現地の日本人スタッフが丁寧にご案内。引っ越し代金負担・全物件住宅保険つき・JALマイルプレゼント。

タイ・バンコクのお部屋探しなら – DearLife【公式】

設立は2012年のと歴はそこまで長くないのですが、現在では日系不動産といえばディアライフという印象すらあるところまで来ているバンコクを代表する不動産会社。最近ではシラチャも対応しているようなのでシラチャで部屋探しをする人も問い合わせてみましょう。

ディアライフのオススメポイント

ディアライフのオススメポイントとしては以下の2つが挙げられます。

全物件住宅保険付き!

ディアライフで仲介した物件には住宅保険が無償で付いてくるというのはかなり高ポイント!どんな時に使えるかというと、入居中の盗難被害・爆発事故などのトラブル以外にもタイでよくある水漏れもカバーしてくれるとのこと、尚、部屋が使用できない修理期間のホテル代まで補償してくれるようです。

色々な業種と提携していてお得!

テレビや浄水器・携帯電話などタイの生活に欠かせないサービスを提供している会社と提携してお得な特典がついてきます。また、お子様向けにセレッソ大阪サッカースクール・バンコク校、奥様にはムエタイxフィットネスジム「Migaku」のレッスンが無料になる優待まで付いてくる。

 

 

すずき不動産

バンコクの不動産・賃貸情報をご案内するサイトすずき不動産です。弊社のアドバイザーがあなたにぴったりのバンコクの物件をご紹介します。

すずき不動産: バンコクの不動産、賃貸情報の事なら

サポートが良いという意見をよく聞くのがすずき不動産。広告などでもこのキャラクターが目立つので印象に残ります。ペット可物件などの情報も見やすくWEBサイトがかなり使いやすい印象です。
基本的にはバンコクの物件がメインですが、シラチャの物件情報も少しだけ掲載されています。

すずき不動産のオススメポイント

すずき不動産のオススメポイントとしてはサポートが充実しているという点が挙げられます。

トラブル対応が迅速・丁寧

すずき不動産は独自の「お部屋カルテ」システムを導入してトラブルが発生時にトラブルの内容をオーナーに報告することが出来ます。言葉の壁を気にすることなく写真や動画で情報を共有できるシステムなので便利です。
また、迅速に日本語で対応してくれるので非常に助かるサービスです。
この他にも引越しの動産なども気軽に対応してくれる印象で、人気の理由が分かります。

直感的に使いやすいWEBサイト

初めてタイの物件を探す際には、地域の名前を見ても場所などもあまり分からないですが、すずき不動産のWEBサイトは初めてタイで生活するという人でも使いやすくなっています。

路線図などでも簡単に地域を選ぶことが出来るので、是非一度見てみてください。

 

 

スックリビング

タイ・バンコクの不動産 賃貸(マンション・アパート)をお探しならスックリビング。不動産、お部屋探しを応援!駐在員が安心して暮らせる物件情報をお届けします。

タイ | バンコクの不動産 アパートマンション スックリビング

バンコク生活の情報が充実しているWEBサイトなので、一度WEBサイトを見てみてください。
住むエリアに関しても情報が充実しているので、タイの住まいに関してまず調べるサイトとしても良いです。

スックリビングのオススメポイント

スックリビングのオススメポイントは以下の通りです。

物件の360°画像が見れる!

日本の不動産では徐々に増えている360°画像ですが、スックリビングはお部屋の写真に360°バーチャル映像を用意しているので、内見不要で部屋の雰囲気を確認することが出来ます。
サポートも充実しているので、利用者の満足度が高い不動産会社です。

低価格物件の情報も充実

日系不動産会社のWEBサイトには安い物件の情報はほとんど載っていませんが、スックリビングのWEBサイトには安い物件の情報も掲載されているので安い物件を探したい人はスックリビングを選びましょう。

 

 

良い物件を探して快適なタイ生活を

タイに赴任して最も重要なのが住環境だと思います。

タイは日本と比べて建物内にジムやプールがあったりと設備が充実しています。
せっかくのタイ赴任を充実したものにするために良い不動産屋さんを使って、良い物件を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました