街中でのiPhone液晶修理は不可?非正規修理でFace IDが使えなくなる?

スマホ・通信・アプリ

iPhone13は街中での液晶交換不可?

新端末が出ると、すぐに分解し修理の方法を公開してくれる修理業者のiFixitがiPhone13を分解と解析を行った結果が公開されましたが、「液晶を交換するとFace IDが使えなくなる」という事です。

iPhone13の液晶を非正規パーツと交換した場合に「不正なパーツである点」と「FaceIDが使用不可」というメッセージが表示されるとの事です。

今回の問題点は画面からセンサーを移植してもFace IDが使えないということで、画面が割れたら正規の修理を選択せざるを得ない状況です。

また、分解工房もiPhone13の分解動画を出していたので気になる人はチェックしてみてください。

iPhone13シリーズの液晶交換価格は?

日本のiPhone13シリーズの画面修理の価格は以下の通りです。

iPhone13画面の修理 (保証対象外)
iPhone13Pro Max42,680円
iPhone13Pro36,680円
iPhone1336,680円
iPhone13mini30,080円

液晶の破損は保障の対象外となるので、買ってすぐ落とした人は悲しい事態になるので、9Hの保護フィルムを貼るなどして液晶破損にならないように注意しましょう。

修理する権利の容認に消極的なApple

Appleは以前からユーザーが自由に修理を行う場所を選んだり、自分で修理したりする「修理をする権利」に関して特にアメリカやドイツなどで指摘されている状況ですが、今回も引き続き自由に修理するのがより難しい状況となりました。

Appleとしては、修理の品質や、Apple製品のセキュリティー面を考えるとリペア出来る場所をあまり増やしたくない思惑もあるのでしょう。以前ブログで紹介した独立系修理プロバイダープログラムに関しもあまり進んでいない印象です。

Apple正規プロバイダー対応店舗数
カメラのキタムラ60
ビックカメラグループ26
クイックガレージ12
AND market1

日本でいくつかの店舗でApple正規パーツを使った修理を提供している店舗はありますが、基本的に正規修理とほぼ変わらない価格での修理価格となっています。

今後、街中で気軽に低価格で修理できるというのは難しくなっていくのかもしれないですね。

液晶を交換すると発生する症状

冒頭でも紹介しましたが、iPhone13の液晶交換を行った際に発生するとされる症状は以下の通りです。

・ 不正なパーツである表示が出る。
普段使うスマホにエラー表示が出続けるのはかなりストレスです。せっかく買ったiPhoneがエラー表示が出続けるのはかなりつらいと思うので、この時点で正規修理を選びたくなりますね。

・Face IDが使えなくなる。
iPhone13シリーズは顔認証かパスコードでのロック解除ですが、そのうち顔認証が使えなくなるのはかなり不便になります。せっかく高い端末を買っているのであれば顔認証機能をつぶしたくないです。

以前から指紋認証のパーツが破損して違うパーツを付けるとがシリアルロックによりホームボタンとしての機能は使えるものの指紋認証が使えなくなるという事象がありましたが、今回はそれがさらに厳しくなった印象です。

さいごに

タイでは10月8日に発売となるiPhone13シリーズですが、購入時には頑丈なケースなどを事前に購入してからiPhone13シリーズを受け取ってその場で9Hの液晶保護フィルムも貼ってもらった方が良いと思います!

iPhoneの故障は液晶の破損が多いので気を付けて使うようにしましょう。
また、新しいiPhone発売直後は特に盗難が増えるので買う人は気を付けましょう!