台湾おにぎり「FUN TUAN」に行ってきた。エムクオーティエ地下階

旅行・グルメ

台湾の太巻きのような「飯糰(Fàntuán ファントゥアン)」のお店がバンコクのエムクオーティエのB階にあると言う事で買いに行ってきました。





台湾おにぎりって何?

この台湾おにぎりはもち米に具を巻いてたもので、モチモチしたお米にたくさんの具が入っていてクセになる美味しさです。

本場では海苔を使わない方が多いようですが、今回のお店では海苔を巻いていました。大きさはおにぎり2個分くらいのボリュームです!

台湾は旅行で良く行くのですが、台湾おにぎりの存在は知りませんでした。

FUN TUAN TAIWANESE RICE BALL

Fantuan(ファントゥアン)営業時間:10:30~20:00 The EmQuartier B階 ≫公式Facebook

場所はエムクオーティエの地下階です。

メニュー

メニューは台湾おにぎりだけの専門店です。

私が行ったのは夕方なので全く混んでいませんでしたが、お昼時は結構混んでいます。いつも前を通るたびに気になっていたので空いた時間を狙って行ってきました。

● THE TRADITIONAL FANTUAN … 89バーツ(チキン)
● MALA CHICKEN FANTUAN … 89バーツ( チキン/辛い)
● TAIWANESE PORK FANTUAN… 89バーツ(ポーク)
● TAIWANESE SAUSAGE FANTUAN … 99バーツ(ポーク)※売り切れ
● MONGOLIAN BEEF FANTUAN … 119バーツ(ビーフ)

価格は89バーツ~119バーツです。おにぎり一つと思うと良い金額ですが、具沢山なので納得です。

今回は2種類の台湾おにぎりを注文

今回は、THE TRADITIONAL FANTUANMALA CHICKEN FANTUANの2種類を注文してみました。

もち米を押して平に伸ばしていきます。結構強めに押し込んでいくのですが、このもち米部分が皮のような役割りになるのでしょうか?

もち米に色々な野菜や具をどんどん乗せていきます。かなりボリューム満点で本当に巻けるの?と少し不安になります。

巻いてさらに押し込んでいき、作っている様子はおにぎりのようです。最後に海苔を巻いてラッピングして完成です。

家に帰って食べる。

赤いラッピングがMALA CHICKEN FANTUAN、黒い方がTHE TRADITIONAL FANTUANです。
初めて食べるので、切ってみましたが、結構崩れるので切らずに紙を向きながら食べるのが正解だと思います。

切ってみると、かなり具沢山です!もう一度言いますが、切ると崩れるので切らずに食べるのがおススメです。

嫁と分けて食べましたが、モチモチした回りに野菜や刻んだ揚げパンの触感が加わり良い触感です。メインの具が変わるだけで全く違った印象になります。

私はMALA CHICKEN FANTUANがお気に入り。嫁はTHE TRADITIONAL FANTUANがお気に入りとの事でした。今回品切れだったTAIWANESE SAUSAGE FANTUANも気になるのでまた買いに行こうと思います!

1つ89バーツからと安いので気になる人は是非試してみて下さい!

今度台湾にいったら台湾おにぎりのお店を探してみようと思います。
早く国境が開けばいいのですが、、、。

コメント