バンコクでのタクシーの使い方をまとめてみた

タイ生活・タイ情報
f:id:yourmobile:20190725174935j:plain




タクシーに乗る

タイの首都バンコクでの移動手段は色々あります。BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)は観光客の方でも良く使う公共交通機関の一つに挙げられると思います。

観光客の方はあまり使わないかもしれませんが、バスやボートまで本当に多くの移動手段があるのですが、やはりバンコクで一番身近な移動手段と言えばタクシーが挙げられるでしょう。

今回はそんなタクシーに関して色々ご説明していければと思います。

タクシーの基本情報

バンコクでタクシーに乗る時の初乗り料金は35バーツで、そのあとは基本的には距離に応じて加算されていく方式です。

初乗り    35バーツ

1~10km    5.5バーツ/ km

10~20km      6.5バーツ/ km

20~40km      7.5バーツ/ km

40~60km      8.0バーツ/ km

60~80km      9.0バーツ/ km

80km以上      10.5バーツ/ km

長距離の移動になる場合には若干金額が高くなると思いますが、近距離の移動であればかなり安いです。また、複数人で旅行している場合にはシェアする事でさらに安くります。

基本的には深夜、早朝など時間を問わず利用可能なので、タクシーが多いスクンビット通りであればいつでもタクシーを捕まえる事が出来ると思います。

タクシーの色

f:id:yourmobile:20190725174603p:plain

ピンクやイエロー、オレンジ、グリーンといった色々な色のタクシーがありますがこれらのタクシーは基本的にどこかの会社に所属しているタクシーです。

イエローとグリーンのタクシーもよく見かけると思いますが、これは個人タクシーです。

特に個人タクシーが悪いというわけではないですが、個人タクシーの場合には稼ぎたいので「わざと渋滞のある場所に行って稼ぐ」「遠回りをして稼ぐ」「メーターを使わない」といったドライバーの方が多いように感じます。

道でタクシーを捕まえる

手を横に出し、タクシーが止まってくれたら目的地を告げてください。基本的には乗車拒否はしてはいけない事になっていますが、1回で乗車拒否されずに乗れればラッキーだと思うくらいに乗車拒否されます。

目的地を伝えて「200バーツ」などと交渉してくるタクシーは基本的には通常よりも高価格で交渉してきているので利用しない方が良いでしょう。

ただ、個人的には大雨でタクシーがなかなか捕まらない場合や、急ぐ必要がある場合等は金額を交渉して乗る事もあります。半額くらいを提示し間を取る感じです。

ホテルやショッピングモールでタクシーを捕まえる

ホテルの場合にはレセプションで行先を伝えてタクシーを呼んでもらう事が可能です。

ショッピングモールではタクシー乗り場に立っている紙を持っているスタッフに行先を伝えるとタクシーに行先を伝えて連れて行ってもらえます。

上記の場合にはほとんど心配することなく、目的地に到着する事が出来ると思います。

タクシーに乗る際に紙を渡される事があるかもしれませんが、その場合紙は大事に持っておきましょう。乗ったタクシー等の情報が記載されています。

観光地でタクシーを捕まえる

この場合は、観光地の周辺で止まっているタクシーは基本的に全て金額交渉をしてくると思っていいでしょう。交渉が嫌な場合には近くの大きな道に出てタクシーを捕まえると良いと思います。

まだ、トゥクトゥクに乗っていないような場合には最寄りのBTSかMRTの駅までトゥクトゥクと交渉して移動してみるのも良いかもしれません。観光地のトゥクトゥクはかなり観光客慣れしているので、値段交渉が終わったら運転席に乗って写真を撮らせてもらったり、乗っている写真を撮って貰ったりとかなり協力的なので1回は乗ろうと思っている人は交渉して同額をタクシーに払うくらいならこういう所でトゥクトゥク体験を!

タクシー利用の際の注意点

■ドアは自分で開ける

タイのタクシーは日本と異なり、自動でドアが開閉しない為、乗車・降車の際には自身でドアを開閉しましょう。

■渋滞がひどい

バンコク市内は渋滞がひどい為、渋滞に巻き込まれると、全く進まなくなる場合があるので注意が必要です。

■夜間の利用は特に注意

夜間に女性一人でタクシー移動する事はあまりおススメしません。事件の発生頻度はそこまで高くないですが、注意が必要です。

■念のため電話でアピール

個人的な防衛手段ですが、タイでタクシー乗車時には必ず誰かに電話をするようにしています。家族に「今タクシーに乗った」という旨伝えています。すぐに連絡が付けられるぞという牽制の意味合いが強いですが、特に女性が夜間に乗車するような場合にはこの方法が有効だと思います。

さいごに

タイのタクシーは乗車拒否や交渉が普通にあるので驚く事も多いと思いますが、基本的には定価がある物なので、納得できない価格での利用は避けた方が良いでしょう。

ただ、個人的には疲れている時や、なかなかタクシーが来ない場合には限りある旅行の時間やスケジュールを無駄にしないように「いくらなら乗る」という自分ルールを作っても良いと思います。

コメント