タイでは1日2回国民が直立不動に?その理由とは?

タイ生活・タイ情報
f:id:yourmobile:20190731184418j:plain




1日2回の国王賛歌

 
タイでは、朝8時と夕方18時の2回「国王賛歌」が流れます。 タイの国民は国家・国王への経緯を示すために「国王賛歌」が流れている間、起立をした状態で動かなくなります。


タイに来た当初、出勤の際に急にみんなが止まったので、びっくりした記憶があります。外国人の場合には特に止まらなければいけないルールは適用されないとの事ですが、みんなが静止し直立不動になっている中を動く事はなかなか難しいかもしれません。


タイ旅行中はタイにありがとうという感謝の気持ちを持ってタイ人と一緒に立ち止まって見ても良いでしょう。

タイの不敬罪

 タイの憲法で、国王は「崇敬され神聖な地位にあり、何人も侵すことはできない」と定められている。 

 タイは王室や国王を侮辱するような発言をした場合に不敬罪で逮捕される可能性があります。

マスコミ関係ではない一般市民であっても王室や国王についてSNSなどで批判してはいけません。

最近は表現の自由を尊重し、不敬罪での逮捕は減少傾向にあるとの事ですが、国王を尊敬しているタイ人の前で王室に関してひどい発言をした場合には、喧嘩になる可能性が高いので注意してください。

日本語は分からないだろうと思って発言してタイ人に囲まれたというような事もあるので、発言には注意しましょう。

コメント