当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

タイ東部の街シラチャをご紹介!移住先としても良い?|ぼくのノートブック

タイで日本人が2番目に多い街はチェンマイやプーケットだと思っている方も多いかもしれませんが、実はシラチャという街がタイで日本人がバンコクに次いで多い街なのです。

とはいってもバンコクとは全然人数は違いますが、それでもかなりの数の日本人が住んでいます。
日本人が多く住んでいるという事は

シラチャですが、移住先としても注目されています。

シラチャの基本情報

タイの東部チョンブリ県にある街シラチャはもともと漁業や農業が盛んな地域で、サトウキビ、パパイヤマンゴーなどを生産していました。また漁業ではエビやカニ、イカなどの収穫が多く市場では取れた魚介類が並んでいます。

1900年頃から徐々に会社や工場が出来るのに伴い、発展をしてきたシラチャですが、東部に工業団地が出来さらに発展し今の状況となっています。近くの工業団地に努める方が多く商業施設もかなり充実しています!

また、日本人が多く住んでいるので日系サービスも充実しており、かなり住みやすい街です。

シラチャにある日系サービス

シラチャには色々な日系サービスが進出しており、かなり快適に過ごすことが出来ます。
特に契約が必要な物はじっくり説明を受けてから契約したいですよね。

シラチャにある日系不動産 3選

まずはシラチャ生活を始めるにあたって必要なお部屋探しの際に活躍してくれるシラチャにある日系の不動産屋さんを3件紹介いたします。

自分でコンドミニアムを回って空いている部屋を探すことは出来ますが、日系不動産の使えば詳細なコンドミニアムのルールや注意点、光熱費のお支払いについてや、その後のアフターフォローまで任せられます。

シラチャには複数の日系不動産屋さんがありますが、今回は個人的なおススメを3つご紹介いたします。

1.フルハウス / FULLHOUSE

フルハウスはシラチャの老舗日系不動産会社さんで、シラチャの情報などを丁寧に教えてくれる日本人スタッフの方が常駐しています。

場所はイオンシラチャのゴールデンシティー内にあるのでアクセスも便利です。

物件の取り扱いの幅も広いのでまず相談してみるのに最適だと思います。

 

2.ディアライフ by RENOSY

ディアライフはバンコクの日系不動産の最大手の不動産会社さんですが、シラチャの不動産物件の取り扱いも多くあります。

ただ、シラチャに実店舗が無いので基本的にはメールや電話でやりとりをして内見の時にはシラチャまで飛んできてくれる形です。

レスポンスも早いので安心して利用できる日系不動産会社さんの1つです。
 

 

3.アパマンショップ

アパマンショップは日本でも有名なの聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

そのアパマンショップが実はシラチャにもあります。場所もシラチャのショッピングモール「ロビンソン」から徒歩2~3分程度の場所にあるのでかなり便利です。

実際に問合せた際のレスポンスや対応も良かったのでおススメできる不動産会社さんです。

 

✅不動産会社さんは取り合えず上記の3社に問い合わせればOK!
シラチャ生活のスタートでの部屋探しですが、複数社に問合せるのであれば上記の3社を抑えておけば問題ないでしょう。上記の3社は実際に問合せた際のレスポンスや、利用者の方に聞いた口コミも上々でした。

シラチャにある日系携帯ショップ 1選

住まいが決まったら次はスマートフォンをどうするかという流れになりますが、シラチャには1社日系の携帯電話ショップがあります。

シラチャで携帯電話を契約する際には「セントラル シラチャ」や「ロビンソン」などの商業施設に入っているローカルの携帯電話ショップに行くという方法もありますが、トラブルの際に安心という理由で日系携帯電話ショップを使うという方も多いようです。

1.ベリーモバイル / berrymobile

ベリーモバイルはバンコクとシラチャに拠点を構えている日系携帯ショップでスマホの販売やSIMカードの提供などスマホの基本的なところはもちろん、「レンタルWiFi」や「SIMロック解除」「旅行用SIMカード」など様々なサービスを取り扱っています。

SIMカードの契約の有無に関わらず、とりあえずシラチャ生活でスマホや通信で困ったらベリーモバイルシラチャ店に行ってみてください。

  

  

✅生活に慣れるまでは日本語対応が便利
生活に慣れてタイ語を覚えてくればあまり困ることが無いですが、生活に慣れるまでは日本語で対応してくれるのは結構助かります。シラチャ生活のスタートの際のSIMカードの契約は日系が安心かもしれません。

シラチャの日本語情報サイト 3選

シラチャ生活がスタートして分からない事があった際やオススメのお店を調べたいという方はシラチャ情報を日本語で発信しているサイトをチェックしましょう!

シラチャ情報はブログで書いている人も多く、海外の色々な都市と比較しても情報はたくさんあると思います!

来タイ前からチェックしてシラチャでの生活を想像するのにも役立ちます!

1.OHAYOタイランド / OHAYO シラチャ

シラチャの地域情報メディアの老舗と言えばOHAYOでしょう。

シラチャに関する様々な情報をWEBや紙面で紹介しているので、シラチャでの生活をイメージするのに最適です。

シラチャ情報やシラチャの雰囲気を味わいたい方は是非一度チェックしてみてください。

 

 

2.シーラチャンネル / SRIRA CHANNEL

シラチャの情報を調べる際に役立つもう一つのWEBサイトがシーラチャンネルです。
かなりの情報量が詰まっており、カテゴリーも充実しているのでWEBサイトは必見です。

シラチャ地域以外のパタヤやバンセーンなどの周辺地域の情報も載っているのでシラチャ周辺での生活のイメージが沸いてきます。

シラチャ生活開始前に是非チェックしてみてください。

 

 

3.日刊ベリー通信

先程ご紹介したシラチャの日系携帯ショップ「ベリーモバイル」のシラチャ店のスタッフが更新しているシラチャ情報です。

実際に住んでいる人が発信しているシラチャ情報なので先ほどご紹介した2つとは少し毛色が異なり、情報の網羅性では少し劣りますが、役立つ情報が満載で読んでいて面白い記事も結構あるのでチェックしてみて損はないと思います。

 

 

シラチャの日系飲食店3選

シラチャにはかなりの数の日系飲食店があり、日本食を気軽にシラチャで楽しむことが出来ます。
お店もどんどん増えているので、食で飽きる事は無いと思います!

もちろんタイ料理のお店も多いのですが、日本食が恋しくなっても大丈夫です!

価格帯も色々あるので、ご自身にあうお店を探してみてください。

1.WAO Japanese house sriracha

シラチャにある日本食が楽しめる飲食店と言えばWAOが出てくるという方も多いと思います。

一階にカウンター席があるのでおひとり様でも入りやすいので、一人でご飯を食べる場所に悩んだら是非行ってみてください。

Facebookをチェックしてみるとお店の雰囲気が伝わってくると思います!

 

 

2.おはな食堂

おはな食堂はシラチャで人気の海鮮が楽しめる和食レストランです。

シラチャで数少ない本格的なお寿司や海鮮丼などが楽しめるお店で、お値段もリーズナブルです。
また、ランチセットがボリューム満点でランチライムを狙っていく方も多いようです。

夜は会社のグループで居酒屋として使っている人が多い印象です。
公式Facebookで雰囲気をチェックしてみてください。

 

 

3.神戸創作焼肉 牛乃匠

シラチャで良いお肉を食べたくなったら神戸創作焼肉 牛乃匠でしょう。
お肉の種類は和牛以外に神戸牛や松阪牛などの高級メニューもあり接待などでよく使われています。

頻繁に行くお店かというと違うかもしれませんが、たまの贅沢に最適なお店です。
また、ランチライムはお得なメニューが多いので是非チェックしてみてください。

 

 

シラチャの日系ホテル 2選

まずは、シラチャがどんな街か見に行こうという時にオススメなのが日系ホテルです。
シラチャにはかなりの数のホテルがありますが、日系のホテルもいくつかあります。

今回は私が実際に宿泊して良かったホテルを2つご紹介いたします。

1.呉竹荘

初めて名前を聞いた時は古そうな名前だなと思いましたが、呉竹荘は日本の東海地方を中心に複数展開しているホテルチェーンとの事です。

日本風な内装でイメージとしては日本のビジネスホテルをそのまま持ってきたような印象です。
リゾートホテルではないのでご注意いただきたいのですが、日本っぽい感じが悪くないのでシラチャ出張の際などには良いと思います。

 

2.KARIN Hotel & Serviced Apartment

KARIN Hotel & Serviced Apartmentは日本人が常駐しており、チェックインからチェックアウトまでの対応を日本語で気軽に相談できると人気のホテルです。

タイでホテルに泊まったことがある方は滞在中にトラブルに見舞われたことがあるという方も多いと思いますが、そこを日本語でサポートしてくれるのは安心です!

 

シラチャにはDon Don Doki (ドンキ)もある

バンコクでかなりの勢いで拡大しているドン・キホーテ(Don Don Donki)ですが、シラチャにも店舗を構えています。

シラチャで日本食材を豊富なラインナップで揃えているお店というと今までは無く、小規模なお店やマックスバリューで少し手に入る程度でしたが、ドンキが出来てからはかなりシラチャで日本食材が手に入りやすくなりました。

DON DON DONKIの回転寿司屋「鮮選寿司」も出来、かなり話題になりました。

上記以外にも、セントラルシラチャロビンソンデパートJ-Parkなど買い物が出来るスポットは意外に多いです。

シラチャの街中の移動はモタサイとトゥクトゥク

バンコクで移動はBTSやMRTやタクシーがメインだと思いますが、シラチャは地方都市ということもありタクシーが走っていません。

なので基本的な移動はトゥクトゥクやモタサイ(バイクタクシー)やソンテウなどになると思います。
基本的には乗る際に金額を確認する形であからさまにボッタくりに合う事は無いと思います。

また、住まい選びの際のポイントとして、シャトルバスのサービスがあるかも要チェックです。
買い物に行く際に目的地によってはシャトルバスサービスが無いと厳しい場合も。

しっかりと移動手段は頭に入れておきましょう!

バンコク行のバスもある!

シラチャからバンコクに遊びに行こうかなと思ったら、便利なのが長距離バスです。
シラチャからバンコクまで110バーツ程度で行けるので、金額はかなり安いです。

時間は混雑状況にもよるので渋滞の時間を避ければ約2時間程度です。

まだまだバンコクにはあってシラチャに無い物も多いので、バンコクに定期的に買い物に行くという人も結構います。

長距離バスは運転もそこまで荒くないのでオススメです。
ロットゥーと呼ばれる小型の乗り合いバンは運転が荒いのであまりお勧めしません。価格はバスと変わらず飛ばすので早く着きます。

パタヤ行のバスもあります。

バンコク方面もあればパタヤ方面のバスやロットゥーもあります。
価格も安いので気軽にビーチを見に行くことが出来ます。

バンコク方面に行くとローカルのビーチリゾート「バンセーン」もありますが海があまり綺麗ではないので海を求めていくならパタヤがオススメです。

ロットゥーだと数十バーツで行けるのでかなり気軽に行くことが出来ます。

かなり住みやすい街シラチャ

日系サービスや日本食レストランなどが揃っているのでかなり日本人が住みやすい街になっています。

移住を検討している方は、一度旅行がてら行ってみてください。
旅行の際にはパタヤやバンセーンも是非一緒にめぐってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました