LAWSON 108に久しぶりに立ち寄ったので「108」の意味について調べてみた。

タイ生活・タイ情報
f:id:boku-bangkok:20190919154850p:plain

 タイのバンコクを歩いていると、セブンイレブンを見かけ、次にファミリーマートでしょうか。そしてローソンをごくたまに見かけるくらいでしょうか。

上記の写真で分かるようにLAWSONの見慣れたロゴの後ろに108という数字が付いているのですが、この108という数字何故付いているのか知っていますか?

タイに長く住んでいる人は108という数字でピンとくるかもしれないですが、知らない方の為にご紹介出来ればと思います。





108が付いている理由について

 タイにローソンが進出する際に、消費財最大手のサハ・パタナピブン・グループと共同出資会社を作りました。

その際にサハ傘下の「108Shop」を順次ローソンに変えていくという方法でLAWSONの数を増やしていきました。

なのでLAWSONと108 Shopを併せた「LAWSON 108」という店舗名に変更したので108が付いているというわけです。

f:id:boku-bangkok:20190919155931p:plain

時々LAWSON108に行くとオリジナリティー溢れる商品がある。

 今日の朝、久しぶりにLAWSONに入って何か日本ぽい新商品出ていないかなと思ってみてみたのですが、こんなおにぎりがありました。

f:id:boku-bangkok:20190919160334p:plain

たこ焼きおにぎり-32バーツ

f:id:boku-bangkok:20190919160447p:plain

富士山おにぎり-32バーツ 

悪魔のおにぎりが売ってあった時には、食べたことが無かったのでその場で全部買い占めましたが、これは、、、興味はそそられましたが今回はおにぎりは買わずにお店を出ました。

次回見かけた際はチャレンジしてご紹介出来ればと思います。

コメント