スマホがSIMなしと表示された場合の対処方法をご紹介!

スマホ・通信・アプリ

スマホでよくあるトラブルの一つSIMなし

今やスマホは生活必需品になり、使えない時間が少しでもあると支障をきたしてしまいます。
そんなスマホでよくあるトラブル5つの原因と対処法をご紹介いたします!

万が一に備えて対応方法を勉強しておきましょう。

スマホが「SIMなし」表示で使えない!

まずはスマホがSIMなしと表示される原因と対処法から調べていきましょう。
SIMカードは通話やデータ通信などを行うために欠かせない物で、「SIMなし」と表示されるとWiFi環境下でないとインターネットを使う機能や通話機能などが全て使えなくなります。

なぜSIMなしと表示される?

SIMなしという表示にも色々なパターンが存在します。
SIMが原因なのか、端末が原因なのかを切り分ける事で、そのあとの対応が簡単になるのでまずは不具合の原因が何なのかを切り分けていきましょう。

「SIMなし」不具合の不具合の切り分け

まず考えられるのがSIMなしの不具合の原因を切り分けていきましょう。
以下のいずれかの方法で端末に原因があるのか、SIMに原因があるのかを切り分ける事が可能です。

→使えないSIMを他の端末に入れてみる。
SIMカードの不具合かを確認するには「他の端末に使えないSIMカードを入れてみる」という方法があります。この方法で他のスマホでSIMカードを問題なく読み込む場合には「端末不具合」の可能性が高くなり、使えない場合には「SIM不具合」の可能性が高くなります。

→他の人にSIMを借りて端末に入れてみる。
もう一つの方法として「他の人の使えるSIMを自分の端末に入れてみる」方法があります。他の人にSIMカードを借るなどしてSIMカードを入れてみて、変わらずにSIMなし表示となる場合には「端末不具合」の可能性が高くなり、普通に使える場合は「SIM不具合」の可能性が高くなります。

■SIMの抜き差しをする際の注意点■
SIMカードの抜き差しをする際には、端末の電源は落として作業を行うようにしましょう。
またSIMカードが汚れている場合にはやわらかい布などでSIMカードの汚れを取ってから指しなおしてください。

上記で切り分けが完了したらどうする?

上記の切り分け作業でSIMカードの不具合か、端末の不具合化が判明した場合にはどのようにすればいいのでしょうか?注意点などもご紹介いたします。

→SIMカードの不具合だった場合
SIMカードの不具合の場合には「SIMカードの再発行」が必要になります。タイのSIMカードの再発行は個人契約の場合はかなり簡単で契約時に提出している「パスポート」を提示し、「電話番号」を伝えるとすぐに再発行を行ってくれます。
契約している携帯キャリアのショップを訪れるようにしましょう。

→端末の不具合だった場合
端末の不具合だった場合が少し厄介です。端末を修理に出すと原則、データを全削除して初期化するという作業が行われます。なので、修理に出す場合にはデータのパックアップを事前にとっておきましょう。

・端末を修理に出す前にネットワークリセットを試す。
以下の方法でネットワークリセットを試してみましょう。

[iPhoneのネットワークリセット方法]
「設定」→ 「一般」→「リセット」→「ネットワーク設置をリセット」に進み、リセットを行ってください。※保存しているWiFiのパスワードは全部消えます。

[Androidのネットワークリセット方法]
「設定」→「一般管理」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」に進み、リセットを行って下さい。 ※保存しているWiFiのパスワードは全部消えます。

タイでは意外にSIMの故障が多い。

日本ではあまりないSIMカードの故障ですが、タイでは意外に少なくありません。
個人でSIMカードの抜き差しをする機会が日本より多いというのもありますが、そもそも最初の時点でSIMカードに傷がついているなど状況が良くない場合があります。

さいごに

SIMなしになると、どうすればいいのか分からなくなりますが対処方法はそこまで多くないので、原因を突き止めて早期に解決しましょう。
端末不具合で修理が必要になった場合には、代替機を貸し出してくれないので、「安いスマホを買う」か「昔使っていたスマホを使う」という方法で急場をしのぎましょう。