コロナで注目の血中酸素飽和度。スマートウォッチの血中酸素飽和度測定機能ってどうなの?

スマホ・通信・アプリ

新型コロナで注目される血中酸素飽和度

世界的に新型コロナが感染拡大を続けていますが、それにより血中酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターが注目されるようになりました。

パルスオキシメーターというとトップの画像のような指先につけるタイプの物ですが、一部スマートウォッチでも 血中酸素飽和度の測定が可能な物があります。

血中酸素飽和度って何?

血中酸素飽和度とはSpO2とも呼ばれ、血液の中の酸素の量を指します。
正常値は99%~96%程度とされており、体調不良や疾患がある場合には数値が低下することがあり、体調を確認する一つの指標となります。

新型コロナ感染症 診察の際の一つの指標にも

日本の厚生労働省の「新型コロナ感染症 COVID-19 診察の手引き」にも新型コロナ診察の際の一つの指標として記載されていましたので参考までにご紹介いたします。

重症度飽和酸素度臨床状態
軽傷SpO2≧96%・呼吸器症状なし
・咳のみ息切れなし
中等症Ⅰ
呼吸不全なし
93%<SpO2<96%・息切れ
・肺炎所見
中等症Ⅱ
呼吸不全なし
SpO2≦93%・酸素投与が必要
重症・ICUに入室 or 人工呼吸器が必要

上記を見ると、96%までは正常な数値で、93%を下回ってくると要注意というイメージなのでしょうか。実際に症状があるかというのもありますが、健康状態の一つの指標としては良さそうです。

新型コロナで再度注目される

パルスオキシメーターは使用方法が簡単で家庭でも簡単に使う事が可能です。
新型コロナでは軽症から自覚症状なく急速に肺炎が進行することもあり、血中酸素飽和濃度のモニタリングのために日本ではホテル療養や自宅療養の際にも利用されています。

肺炎になると血液中に酸素が十分に行き渡らないので血中酸素濃度が低下しますが、平常時の数値には個人差があるので、継続的に測定をすることが重要で、自分の通常時の数値を把握しておくようにすると良いでしょう。

血中酸素飽和度(SpO2)測定可能なスマートウォッチにも

そんな注目されている血中酸素飽和度(SpO2)ですが、一部スマートウォッチには 血中酸素飽和度(SpO2)を測定する機能が付いている物があります。

指先につけるタイプのパルスオキシメーターは指先を通過する光を測定するのですが、スマートウォッチに搭載されている物はセンサーに戻ってきた光を測定するので、一般的に指先につけるタイプの物と比べると精度が多少落ちる可能性があるようです。

ただ、スマートウォッチのメリットとしては腕につけているだけで自動で測定してくれるので、わざわざ測定するのが面倒という人は指先で計測するタイプの物より使いやすいでしょう。

血中酸素飽和度が測定可能なスマートウォッチをご紹介

血中酸素飽和度(SpO2)測定機能の付いたスマートウォッチはAppleやXiaomi、Samsung、Fitbit、Huawei、Gamingといった様々なメーカーから発売されています。
かなり数が多く出ていますが、そんな商品の中からいくつかの商品をご紹介します。

Apple Watch Series 6

引用:Apple公式商品ページ

Apple Watch Series 6 にも血中酸素飽和度を測定する機能が付いています。価格は13,400と高めですが、iPhoneユーザーはそれ以外の機能も使いやすいのでApple Watch Series 6を選択すると良いでしょう。

≫Apple公式商品ページ

Mi Smart Band 6

引用:Xiaomi公式商品ページ

LAZADAでチェックすると、1,000バーツ前後で購入出来るのでかなり手軽に開始できそうです。
価格も安く、水深50mに相当する圧力に対応する5ATMという防水性能を持ち、バッテリーの持ちもいいので子供の運動状況を確認するのにいいかもしれません。
≫Xiaomi公式商品ページ

Huawei Watch Fit

引用:Huawei公式商品ページ

Huawei からもHuawei Watch Fit が発売されております。価格はLAZADAで2,700THB程度で購入可能です。Mi Smart Bandと性能は似ていますが、画面が少し大きめで画面操作がしやすな印象です。
≫Huawei公式商品ページ

指先につけるタイプの パルスオキシメーター は安い!

LAZADAでPulse Oximeterで調べると、かなりの数の商品が出てきますが、100THB程度からありかなり低価格で購入可能です。

体温計同様に、一家に1台パルスオキシメーターを常備しておいてもいいかもしれませんね。

さいごに

今まではスポーツをする人以外はあまり気にすることが無かった血中酸素飽和度(SpO2)ですが、コロナをきっかけにみんなが注目するようになりました。

継続的にチェックすることを考えると、指先で計測するタイプよりスマートウォッチタイプの方が良さそうな気がします。今自分が使っているスマホのメーカーと同じメーカーで揃えるのが良いと思います。