FaceTime使ってますか?高音質な無料通話が可能です!

スマホ・通信・アプリ




FaceTimeも使おう!

タイに住んでいる方は「LINE」で日本とのビデオ通話や無料通話をしている人も多いのでは無いでしょうか?無料通話アプリは色々ありますが、FaceTimeもかなり良いサービスなので、今回はそんなFaceTimeをご紹介します。

周りで使っている人がいる無料通話サービス

1位:LINE(無料通話・ビデオ通話)

https://line.me/ja/

やはり、周りで使っている人が一番多い無料通話アプリはLINEでしょう。普段メッセージアプリとして使い、必要な時は通話やビデオ通話を使うというイメージでしょう。やはり、LINEを使っている人が多いので無料通話できる相手がかなり多いです。尚、この無料通話もビデオ通話もデータ通信を利用しています。

対象:LINEを使っている人同士

2位:FaceTime

https://support.apple.com/ja-jp/HT204380

FaceTimeはApple製品同士で無料通話やビデオ通話が出来る機能で、iPhoneやiPad、iPodなどに標準搭載されています。こちらもLINEと同じでモバイルデータやWiFiなどのデータ通信を利用して無料通話やビデオ通話を行います。

LINEとの違いは、相手の電話番号またはメールアドレスが電話帳に登録されていれば使えるという点です。普通にiPhoneから電話をかけるイメージでFaceTimeを使う事が出来ます。

対象:Apple製品ユーザー同士

3位:Facebookメッセンジャー

Facebookで繋がっている人同士であればビデオ通話や音声通話が可能です。便利は便利なのですが、LINEやFaceTimeに比べると少し印象が薄いです。

FaceTimeを使うにはどうすれば良い?

FaceTimeがONになっているか確認しよう

FaceTimeを使うにはFaceTimeの設定がONになっている必要があります。まずは確認してみましょう。

設定からFaceTimeを開く

ホーム画面から「設定」を開き「FaceTime」と書かれた項目を探してタップしてください。

FaceTimeをオンにする

上記の表示はオンの表示です。この表示になっていればOKです!

自分のFaceTimeに紐付いている情報を確認できる。

「FACETIME着信用の連絡先情報」には私のFACETIMEと紐付いている連絡先情報が載っています。この4つの連絡先を電話帳に登録している人でFaceTimeを使える人はFaceTimeを使って私に連絡をする事が可能です。

紐付いている連絡先から発信時の表示を選択

現在は、4つの内の2つ目の電話番号を発信者番号として利用しています。これはメールアドレスを設定する事も可能です。

FaceTimeの発信方法

FaceTimeが使えるかは連絡先をみればすぐに確認が可能です。

FaceTimeが使える場合

FaceTimeを使える人には連絡先に「FaceTime」という項目があり、ビデオ通話と音声通話のアイコンが出ています。これをタップする事でFaceTimeを使った発信が可能です。

FaceTimeを使えない人

FaceTimeを使える人には連絡先に「FaceTime」の項目がありません。

海外で使っても無料なの?

海外でFaceTimeを使っても無料なの?という疑問はよくあるのですが、LINEもFacebookメッセンジャーもこのFaceTimeも同じで、「データ通信」を使って通話やビデオ通話を行います。

なので、FaceTimeの利用料はタイ国内でも海外でもどこでも無料です。ただ、データ通信が無いと使えないので、FaceTimeを使う時のインターネットに何を使うかで料金は変わってきます。

1)ホテルや街中のFreeWiFiでのみ使う場合…使うWiFiが無料なので無料で使えます。

2)レンタルWiFiで使う…レンタルWiFiのレンタル料金のみ掛かります。

3)国際ローミングパッケージ…パッケージに応じて料金がかかります。

4)パッケージ無の国際ローミング…従量でデータ通信料がかかるので高額になります。

結論から言いますと、海外でも国内でもFaceTimeを使うのは無料、ただインターネットが必要なので何処でもFaceTimeを使えるようにするには、インターネット環境を準備する必要があります。

さいごに

こういった機能を賢く使う事で、本当に世界中がボーダレスな環境になっていきますね。FaceTimeであれば国際電話料金もいらず、電話番号ではなく、メールアドレスを知っているiPhoneユーザーにもFaceTimeで発信できるのは便利です。

もちろんLINEも便利なので状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

コメント