タイ国内の引っ越しはどうする?バンコク市内の引越しならlalamoveを使うのが結構お得です。

タイ生活・タイ情報
f:id:yourmobile:20190820182315j:plain




引越しの前にする事

● 今住んでいる場所に退去の意思を伝えましょう。

契約終了日の1ヵ月前くらいに伝えれば全く問題ないでしょう。不動産会社を通している場合は不動産会社に、そうでない場合には直接レセプションに伝えればOKです!

必要に応じて部屋のチェックが入ります。

● 個人的に契約している物の解約or移動の確認をしましょう。

・WiFi…WiFiを個人的に契約している人は解約の手続き。

・浄水器…契約しているお店に引越しの相談を。

・テレビ…機器を持って行くだけだとは思いますが、念のため確認を。

● 荷物の箱詰め

衣装ケースやスーツケースに入るものはそれに入れてしまうのが楽です。足りない物は段ボールに入れて運ぶようにしましょう。段ボールはLazadaなどで買っても良いと思います。ちょっと調べてみたら結構安かったです。

f:id:yourmobile:20190820140234p:plain

ネット通販はちょっとと言う方は郵便局で購入する事が可能です。自分は段ボールを持って帰るのが面倒だったのでネットで購入しました。

段ボールが届いたら、荷物を詰めていきましょう!

自分たちはそんなに荷物が多い方ではないので以下で行けました!

●衣装ケース×3

●スーツケース×2

●段ボール×5

引越し業者はどうする?

スーツケースに貴重品を入れて、タクシーで新居に向かうのでとりあえず業者に頼むのは段ボール5つと衣装ケース3つになります。

上記のような少ない量の引っ越しの場合にはlalamoveアプリで簡単に設定を行う事が出来ます。

■ lalamoveアプリの設定方法・使い方は以下の記事を参考にしてください。

● 料金イメージ

結構安い金額で引越しのPick UPトラックを予約する事が出来ます。

Door to Doorで作業員を1人付けるオプションが350バーツです。

f:id:yourmobile:20190820181726p:plain

トータルでも2000バーツもせずに引越しが可能。

日系の場合には軽く5,000バーツを超えてくると思いますが、原則そこに日本人が引越し担当としてくることはないので、お得に引越しをするにはこういったサービスを利用するのが良いでしょう。

ただ、ドライバーとのやり取りにはタイ語が必要になるので、引越し前の住まいのレセプションの方かタイ人の友人にサポートしてもらうのが無難でしょう。

コメント