バンコクの日本語対応の薬局がバンコクにはあるので、もしもの時も安心!コンビニでも購入可能!

スポンサーリンク

バンコクには日本語対応の薬局があるので安心!

タイ・バンコクでの生活で不安なのが医療という人が多いと思いますが、軽い体調不良の際に薬局で薬を買おうと思っても日本語が通じないしどうしようと悩む方も多くいます。

簡単な薬であればコンビニでも買う事が出来るのですが、しっかり日本語で用法・容量を聞きたいという人も多いと思います。

そういった方におススメの日本語が通じる薬局をご紹介いたします。

日本語スタッフが常駐の薬局「ブレズ薬局」

ブレズ薬局は日本人が常駐する薬局で、タイ在住日本人はもちろん観光客の日本人の方にとってもお土産の購入や緊急時の薬の購入など色々な場面で日本人の健康をサポートしています。

タイでは日本では医師の処方箋が必要な薬も薬局の薬剤師の処方箋で購入する事が出来てしまうので、しっかりと日本語でどういった薬なのかという事を説明してくれるのは非常に心強いです。

≫ ブレズ薬局公式WEBサイト

どこにあるの?

日本人が常駐していてアクセスしやすい店舗は以下の通りです。

●ブレズ薬局 アソーク店
 ・営業時間:9:00~23:00
 ・定休日:なし
 ・TEL 092-223-1251  

BTSアソーク駅かMRTスクンビット駅が最寄駅となります。スクンビット通り沿いなので分かりやすく、店舗に入ると結構バンコク在住日本人がお客さんとして来店していました。

他にも日本人常駐の店舗も

他にもかなりの店舗数があるので最寄りの店舗に行くと良いでしょう。
公式WEBサイトに日本人常駐の店舗の記載があるお店に行くと良いと思います。

ブレズ薬局ソイ39店
 8:00~22:00
 日本人常駐時間 11:00~20:00

■ブレズ薬局ソイ49店
 8:00~22:00
 日本人常駐時間 9:00~18:00

日本人の多い地域は日本人常駐店舗を作ってくれているようです。
風邪などの症状もなかなか英語・タイ語で詳細に伝えるのは難しいと思います、こういった日本人常駐の薬局があるのはとても助かりますね。

タイではコンビニでも買える薬も

タイではコンビニで売っている薬もあるので、そういった物も上手く使いましょう。
良く見かける薬をいくつかご紹介します。

■TYLENOL(タイレノール)

解熱・鎮痛剤。熱、頭痛、生理痛の際に使われます。

SALA(サラ)

解熱・鎮痛剤。熱、頭痛、生理痛の際に使われます。

KOOL FEVER

冷えピタや熱さまシートもコンビニで売られています。うちでは冷蔵庫に常備しています。

CA-R-BON

下痢の時に飲む薬です。

日本の薬と比べるとタイのコンビニで手に入る薬は成分量が多く、錠剤のサイズも大きい物が多いです。個人の判断で量を調整するのはおススメしませんが、私は日本の用量を確認してから飲むようにしています。

さいごに

タイには日本語対応の病院も多くありますので、不安な場合には病院を受診してみましょう。

海外旅行保険に入っていない場合や軽い体調不良の場合は薬局と病院を上手く使い分けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました