当ブログ内の記事にはプロモーションを含む場合がございます

【Holafly】世界178の地域のeSIMを取り扱う最強のeSIMサービスをご紹介!

Holafly(オラフライ)をご紹介!

Holafly(オラフライ)というeSIMプラットフォームを聞いた事がありますでしょうか?
現状、世界のeSIMのシェアTOP3に入っている会社ですでにHolafly(オラフライ)でeSIMを買った事があるという方もいるかもしれません。

すでに世界で累計100万人以上に選ばれているeSIMサービスHolaflyを今回はご紹介いたします。
今までいくつかのeSIMサービスをご紹介してきましたが、Holafly(オラフライ)はその中でもTOPクラスにオススメのサービスです。

海外旅行用eSIMについて

日本ではすでにeSIMがかなり普及しており、認知度は先進国の中でもトップクラスに高いとされています。

ただ利用率はかなり低い状況となっておりますが、一度海外旅行でeSIMを使ったユーザーはeSIMをリピートすることが多く、今後一気に利用者数が増加していきます。

そもそもeSIMって何?という方はまずは以下の記事を読んでみてください。

eSIMはSIMフリーのeSIM対応スマホを持っていれば設定はQRコードを読み込むだけとかなり簡単、初めて使う方も抵抗なく利用できると思います。

Holafly(オラフライ)が選ばれる理由

様々なeSIMサービスが出てきていますが、世界中の人から選ばれているサービスはそこまで多くありません。その中でHolafly(オラフライ)が選ばれている理由をいくつかご紹介いたします。

対象国の多さ|178の国と地域に対応!

まずはなんといっても取り扱っているeSIMの対象国が多いという点でしょう。
eSIMサービスを利用するにあたり、自分の渡航先のeSIMを取り扱っているかどうかは非常に重要です。

Holafly(オラフライ)は178の国と地域に対応しており、日本人が旅行するほぼすべての国のeSIMを取り扱っていると言っても過言ではありません。

対象国を全て書き出すとかなりの数になるので、まずは以下の公式WEBサイトより旅行を予定する国と地域を入れてみてください。

無制限プランが豊富|63の国と地域に対応!

次に、最近は海外旅行や海外出張の際に「テレビ電話」や「WEBミーティング」などを行うという方も少なくありません。

そんな時に気になるのが1日にどのくらいのデータ容量を使うのかという点と、高速データ容量が足りるか心配という事ではないでしょうか?

Holafly(オラフライ)の場合には特に旅行される方が多い63の国と地域で無制限プランを用意しているので高速データ容量が不安という方は無制限プランを選べば海外滞在中に高速データ容量を気にする必要がありません。

充実のサポート|24時間日本語対応!

eSIMの設定は事前に購入したQRコードをeSIM対応のスマホの設定画面より読み込むだけとかなり簡単なので他の通信サービスと比較しても通信トラブルは多くないです。

ただ、初めて使う人は自分に使えるか不安という方も多いのではないでしょうか。
そんな方にとって「日本語サポート」の有無はかなり重要です。

Holafly(オラフライ)なら24時間日本語対応のサポートデスクがあるのでいざという時も安心、特にeSIMデビューの方も安心です!

中国でも安心|中国向けeSIMはVPN付き

 中国では「金盾/グレートファイアウォール」によって中国国内からのGoogleやLINE、DropBox等へのアクセスが禁止されているのですが、海外でいつも使っているアプリが使えないのはかなり不便です。

Holafly(オラフライ)の中国向けのeSIMはVPN付きなので中国旅行や中国出張の際にもスマホ1台で快適にいつものアプリを利用することが出来ます。

金盾に関しては以下のブログで詳細をご紹介しているので詳しく知りたいという方はチェックしてみて下さい。

欧州向けは電話番号付き|60分の無料通話付き!

基本的にはeSIMには電話番号が付いていないのですが、海外旅行の際に現地で使える電話番号があればなと思う方も多いのではないでしょうか。

Holafly(オラフライ)のヨーロッパ圏向けのeSIMにはヨーロッパで使える電話番号が付いています。
さらに60分の無料通話が付いているので、現地のレストランの予約やホテルへの連絡などの際に気軽に利用することが出来ます。

ヨーロッパ旅行に行く際にはHolafly(オラフライ)でeSIMを準備するのがオススメです!

Holafly(オラフライ)は色々なメリットのあるeSIMサービス

ここまでHolafly(オラフライ)の選ばれる理由をいくつかご紹介しましたが、国の選択肢が多く、商品ラインナップも充実、日本語サポートが付いているeSIMサービスは少ないので選ばれているのも納得です。

また、渡航先などによって更にメリットがあるので中国やヨーロッパへの旅行や出張の際には特にオススメのeSIMサービスと言えます。

HolaflyでeSIMを購入する流れ

今までeSIMを購入したことがあるという方は他のサービスとほぼ同じなので、購入の流れで困ることはないと思いますが、初めてeSIMを購入するという方のために簡単に流れをご紹介いたします。

① 公式WEBサイトでeSIMを検索

まずは、Holafly の公式WEBサイトにアクセスして、「どこでインターネットが必要ですか?」という項目に渡航先の名前を入れて検索します。

今回はタイで検索をした流れをご紹介しますが、それぞれ自分の渡航先に合わせて検索してみてください。

② 滞在期間に応じたeSIMを選ぶ

上記はタイの場合に表示されるプランですが、全て無制限のデータ通信プランとなっており、滞在期間中データ通信の残量を気にする必要がありません。

ご自身の滞在日数に合わせたプランを選択してみてください。

プランを選択したら次のページに進んでみてください。

③ 支払いを行う

購入に進むと価格が表示され、支払い方法はクレジットカードやPaypal,Google Playなどいくつかの方法があるのでご自身に合った方法で支払いを行います。

PayPalやGooglePlayでの支払いを行わない場合には、下部にある個人情報を入力して次のページに進むとクレジットカード入力フォームが表示されます。

尚、クーポンコードにBOKUNOTEBOOKと入力すると5%割引が適用されるので是非使ってみてください。

④ メールでeSIMが届く

Holafly(オラフライ)で支払いが完了すると、支払い完了後すぐにeSIMが先程入力したメールに届きます。

通常は支払い完了後2分以内にメールでeS?IMが届くようになっているので10分程度待ってみてeSIMがメールで届かない場合には、迷惑メールフォルダなどを確認しましょう。

なお、キャリアメール(特にau)の場合には迷惑メールフィルターでメールが届かないという事が多いので、基本的にはキャリアメールではなくGmailなどを利用する事をお勧めします。

間違えてキャリアメールを使ってしまった方や、他のメールを使ったけどeSIMがメールが来ていない場合には、24時間日本語対応のオンラインチャットで相談してみましょう!

⑤ タイミングを見てeSIMを設定する

後はeSIMの購入したeSIMの期間と、利用したい日数を計算して旅行期間が全て収まるタイミングでSIMカードの開通をしましょう。

eSIMをスマホに設定する「インストール」と開通させる「アクティベート」のタイミングは同じとなるので、事前にスマホにeSIMを入れておく場合にはその時点で開通するという点をご注意ください。

eSIMの設定方法はQRコードをeSIM対応スマホで読み込むだけとかなり簡単ですが、設定時には安定した通信環境(WiFi推奨)が必要なので注意が必要です。

あとは海外で快適に使う!

上記の流れでeSIMの購入と設定が完了したら、後は現地で快適に利用するだけです!

実際に1回使うと、次の旅行からはeSIMにハマってしまうという方もかなり多いと思います。

まだeSIMを使った事が無いという方は次に海外旅行の際にHolafly(オラフライ)を使ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました