旅行中にパスポートをなくしたら3ステップで落ち着いて手続きを進めていきましょう!

旅行・グルメ
f:id:yourmobile:20190822210622j:plain




旅行中にパスポートをなくしたらどうする。

f:id:yourmobile:20190822203412j:plain

 旅行中にパスポートをなくしてしまうと日本帰国が出来なくなると、焦ってテンパってしまいますが、無くした物を仕方がないので落ち着いて手続きを行いましょう!

荷物一式が無くなった場合には、この記事を見る事も出来ないと思いますが、この記事を見ているという事は携帯電話と言う最強のツールが手元にある状態なので恵まれています!

落ち着いて行動して無事にタイから出国しましょう!

まずは警察署に行って盗難証明書(ポリスレポート)をもらう

 タイの警察署に行くなんてハードルが高すぎる!!と思うかもしれませんが意外に簡単です。私はタイの運転免許の紛失で2回警察署に行きましたが、何点か質問をしたらサクッと盗難証明書(ポリスレポート)を作ってくれます。

質問は「いつなくしたか」「どこで無くしたか」など基本的な質問のみとなります。

注意点としては、無くしたエリアの管轄の警察署に行く必要があるので、無くした場所が違う場合にも行った警察署の名前を伝えるようにしましょう。

言葉が不安な場合には、以下の日本語対応のツーリストポリスに電話をしてみましょう。

● ツーリストポリスの連絡先

02 – 668 – 7173 (日本語対応可)

次は在タイ日本大使館に行きましょう!

 バンコクの場合には日本大使館に行くのですが、先に警察署に行く理由が大使館での帰国の為の渡航書を発行してもらうためにはポリスレポート(盗難証明書)が必要だからです。

●必要書類

・盗難証明書(ポリスレポート)
・パスポート用写真2枚
・帰国便の航空券または予約確認票
・大使館窓口にある書類 「紛失一般旅券等届出書」「渡航書発給申請書」
・日本国籍を立証するための公文書(例:戸籍謄(抄)本、本籍地の入った住民票)
・手数料

戸籍謄(抄)本、本籍地の入った住民票なんか持ってない!という方がほとんどだと思います。これに関しては相談に応じてくれるそうなので無理に準備せずにとりあえず行ってみる事をおススメします。

渡航書は即日発行してくれ、有効期間は渡航日を含めて3日間です。

● 在タイ王国日本国大使館

電話番号:02-207-8500 / 02-696-3000

受付時間:8:30〜12:00  /  13:30〜16:00 (月~金曜日)

定休日:土曜日・日曜日定休

最後にイミグレーションに行きましょう!

渡航書はそれだけでは、本当に有効とは言えず、タイのイミグレーションでタイへ入国した際の入国記録を記載してもらう必要なあります。この入国記録を記載してもらうのが一番面倒です。

理由としては、「結構遠い!」「結構待つ!」「場所が分かりにくい!」という点です。とは言っても行くしかないのであきらめて向かいましょう!

地図でも分かるように結構遠いです。。。

行き方は、モチット駅かチャトチャック駅までBTSかMRTで行ってそこからタクシーを捕まえると良いと思います。金額としては大体100バーツを少し超えるくらいです。

最後に

 まずはパスポートを紛失しないように管理を徹底するのが重要ですが、無くしてしまった場合には粛々と帰るために必要な作業を進めましょう!

コメント