ソフトバンクのオンライン専用プラン名称はLINEMO(ラインモ)、基本料金は2,480円~

スマホ・通信・アプリ




ソフトバンクのオンライン専用プラン名称はLINEMO(ラインモ)!

ソフトバンクは「ソフトバンク・オン・ライン」と仮で発表していたオンライン申込専用プランの新料金プランを「LINEMO(ラインモ)」とし、3月17日より提供を開始する事を発表しました。

「ソフトバンク・オン・ライン」より短くなり呼びやすくなりましたね。

月額料金は2,480円に変更!

また、コンセプト発表の際には、Docomoの新プランAhamoに合わせる形で月2980円としていた基本料金を2,480円とすることも発表されましたが、これはKDDIが発表した「povo」に合わせる形になったようです。

「povo」は「Ahamo」が基本料金に内包している1回5分まで無料の通話オプションを、プラン外に出すことで500円基本料金を下げる形にしたのですが、「LINEMO」に関しても同様に通話オプションを外だしして500円下げた形となります。

通話に関しては意外に業務で使う事もあるので、使い方によっては500円払って1回5分まで無料の通話オプションを付けるという人もいるでしょう。ただ、付けるか付けないか選べるようになったのは有難いですね。

LINEの無料通話メインのユーザーはLINEMOが良い!

この「LINEMO」ですが、高速データ容量は20GBですが、LINEを使っての「音声通話」「ビデオ通話」「トーク」などでのデータ利用量をカウントしないので、LINEをよく使うユーザーからすれば可なりメリットが大きいでしょう。

LINEの無料通話やビデオ通話をメインの通話手段として使っているユーザーにとってみれば、LINEMOはかなり魅力的なプランと言えるでしょう。また、2021年の夏にはLINEMOのユーザー「クリエイターズスタンプ」が使い放題になるとの事で、特に学生はLINEMOを使いたいという人が増えそうな気がする。

DOCOMOだけ2,980円

現状はKDDIの「povo」、Softbankの「LINEMO」が1回5分までの通話を無料として、2,480円という金額を出しているが、DOCOMOの「Ahamo」は2,980円と最低の基本料金が500円高い金額となっていまる。
DOCOMOが価格改定を行ってくるのか注目しましょう。

さいごに

個人的には、1回5分の通話まで無料というのは、かなり実用的なオプションだと思いますし、とりあえず付けずに使ってみて、請求金額が高くなるユーザーが増えそうな気がします。

ただ、店頭に行かずにアプリで通話のオプションの付け外しが出来るのであれば、有料オプション化する事はとても素晴らしい事だと思います。

今後も各社の動きに注目して行きましょう。