11月から隔離なしの低リスク国にタイからは隔離なしで旅行できるのか調べてみた。

スポンサーリンク
スマホ・通信・アプリ

アメリカ、中国、イギリス、ドイツ、シンガポールの5か国に追加し全部で46の国と地域が低リスク国として11月1日からワクチン接種者に対して隔離免除になる予定となっていますが、逆にそれぞれの国にタイから入国する際の制限はどうなっているのでしょうか?

両方の国で隔離がないのであれば、久しぶりに海外旅行でもと思っている人も多いと思いますが、低リスク国のタイからの入国時の隔離状況を確認してみました。タイ入国時の隔離免除に関してもワクチン接種証明書が条件となるため、同じ条件での入国を基準に調べていきます。

入国の条件に関しては2021年10月22日時点の情報でチェックしています。

対象の国と地域は46に!

上記の5か国に加えて全部で46の国と地域が対象となることが発表されました。

日本オーストラリアスペインフランス
韓国オーストリアスロベニアブルガリア
香港オランダチェコ共和国ブルネイダルサラーム
中国カタールチリベルギー
アイスランドカナダデンマークポーランド
アイルランドカンボジアドイツポルトガル
アメリカ合衆国キプロスニュージーランドマルタ
アラブ首長国連邦ギリシャノルウェーマレーシア
イギリスサウジアラビアバーレーンラトビア
イスラエルシンガポールハンガリーリトアニア
イタリアスイスフィンランド
エストニアスウェーデンブータン

タイから日本への入国に関して

タイから日本へワクチン接種証明書持って入国し、帰国10日目以降にPCR検査か抗原定量検査で陰性の結果が出たものをアプリで厚生労働省に提出することにより隔離期間を終えることが可能になります。接種したワクチンの指定は以下の通りとなりシノファームやシノバックは対象には含まれていないようです。

ファイザー(Pfizer)
アストラゼネカ(AstraZeneca)
モデルナ(Moderna)
コビシールド(Covishield)

タイから日本へ入国時に関しては現状隔離なしでの入国はできなくなっており、現状は最短でも10日間の自主隔離が必要となります。

タイから韓国への入国に関して

タイから韓国へ日本人の入国ですが、2020年3月9日以降は日本のパスポートに対するビザ免除措置が停止されており、日本のパスポートを持って韓国に入国するには2020年3月9日0時以後に新たに発給された韓国ビザがなければ入国できなくなっています。

また、ビザを取って入国した場合に関しても、10 月のワクチン接種完了者に対する隔離免除適用除外国にタイは含まれていないため、タイから入国しても14日間の隔離が必要です。

現状は韓国にタイから隔離なしで入国することはできないようです。

タイから香港への入国に関して

タイから香港への入国の際ですが、タイは現在グループAの高リスク地域に分類されており、グループAからの入国は「香港永久IDカード」や「香港の就労ビザ」「香港特別行政区パスポート保持者」「香港DI保持者」のみに限られているようです。

なので、現状タイから香港へ観光客が気軽に旅行に行くことはできないようです。

タイから中国への入国に関して

新型コロナの影響で、現在日本国籍の人に対するビザ免除措置は現在停止中となっており、中国に入国する場合には基本的にVISAが必要となります。

また、ビザ申請に関しても旅行者が簡単に取得できるビザはないため、基本的には11月になってもタイから中国へ日本人が気軽に旅行できるようにはならないようです。

タイからアメリカの入国に関して

アメリカ政府の発表によると2021年11月8日からアメリカに入国する外国人はワクチン接種を義務づけるとのことです。なので基本的にはワクチン接種証明書の提示が必要になるようです。

11月8日からの新しい入国規制では「ワクチン接種証明」と「ウイルス検査の陰性証明書(渡航前3日以内)」が必要なようですが、これらを用意できれば隔離は免除されるとのことです。
また、中国製ワクチンもワクチン接種として認められるようです。

ファイザー
モデルナ
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)
アストロゼネカ
中国医薬集団(シノファーム)
科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)

ビザ免除プログラムを利用してアメリカに行く場合には別途、電子渡航認証(ESTA)の申請も必要となりますが、必要書類さえ準備できればタイ・アメリカ間で隔離なしで旅行できるようになりそうです。

バンコク⇔アメリカの航空便は?

バンコクとアメリカを結ぶ飛行機はすでに本数もある程度出ているようです。
ANAの11月後半のバンコク→ニューヨーク便を調べてみましたが、普通にも予約も可能でした。
下記はGoogleで調べた結果ですが、基本的に毎日バンコク⇔アメリカ便は出ているようです。

タイからイギリスへの入国に関して

現在、イギリスに入国する際には、入国前10日以内にレッドリストの国に滞在しておらず、イギリスが認める国・地域でワクチンを完全に接種している場合に隔離免除となるとのことです。

タイは10月11日にワクチン接種に関して イギリスが認める国・地域に入っている物の、ワクチンの種類が以下となるため、接種したワクチンによってはワクチン未接種の人と同じ条件の手続きが必要になります。

オックスフォード/アストラゼネカ(Oxford / AstraZeneca)
ファイザー/ビオンテック(Pfizer BioNTech)
モデルナ(Moderna)
ヤンセン(Janssen)

AstraZeneca Covishield、AstraZeneca Vaxzevria、Moderna TakedaなどもOKとのことなので、事前に自分の打ったワクチンのメーカーなどを確認し対象であれば、両国で隔離なしで旅行が出来るでしょう

バンコク⇔イギリスの航空便は?

イギリスへの入国はワクチンの種類によっては難しいかもしれませんが、一応航空便も調べてみました。以下はバンコク⇔ロンドン便をGoogleで調べた結果ですが基本的には毎日飛んでいるようでした。

タイからドイツへの入国に関して

タイからドイツへの入国の際ですが、タイは2021年8月8日にハイリスク地域に指定され解除はされていないようです。
ハイリスク国からドイツへの入国に関しては渡航前72時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要となり、入国後は原則10日間の自主隔離措置が義務付けられますが、入国5日目以降の検査で陰性になるか、ワクチン接種証明書、回復証明書ををポータルサイト上に登録することで隔離が免除になるようです。

接種するワクチンの種類に関しては特に記載が見つかりませんでした。

ワクチンをタイで接種し、ワクチン接種証明書を用意して事前にポータルから登録を行えばドイツへの隔離なしでの入国は可能という事かと思います。

バンコク⇔ドイツの 航空便は?

いかが、バンコク⇔ドイツのフランクフルト便をGoogleで検索した結果ですが、基本的には毎日飛んでいるようなので、ドイツに行くのも特に問題ないようです。

タイからシンガポールへの入国に関して

シンガポールでは現在、長期滞在パス(労働パスおよび帯同者パス(EP、S Pass、DP等)を含む)所持者以外は入国不可となっている。

ワクチン接種者の入国を認めるワクチントラベルレーンに関しては、すでに対象なドイツ、ブルネイに加えて、11月8日から韓国、11月19日からカナダ、デンマーク、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、英国、米国が対象となるが、現時点でタイは対象国にはなっていない。

現状、タイからシンガポールへ旅行へ行くのは難しいようです。

さいごに

今回は現在出ている11月からのワクチン接種者に対する隔離なし入国が可能な低リスク国への旅行が可能かどうかをチェックしましたが、 今回調べた国のうち、アメリカ・ドイツにはワクチン接種で旅行が出来そう、イギリスに関しては接種したワクチン次第、中国・シンガポールは不可という結果になりました。

今後、低リスク国にどこが追加されるかわかりませんが、旅行に行ける国が増えるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました