11月の隔離検疫なし入国に期待、店内飲酒解禁はいつになるのか。

タイ生活・タイ情報

今度は本当?11月からバンコク隔離なし入国が可能に?

昨日、プラユット首相が新型コロナワクチンの接種完了している海外からの渡航者に対して、バンコクなどに入国する際に

今回隔離免除になる対象国は低リスク国からの入国になり、「中国」「アメリカ」「イギリス」「シンガポール」「ドイツ」などの10ヵ国前後になるとされており、現状日本が入るかどうかは不明な様子。

本日、観光スポーツ省の大臣も、11月1日の隔離なしでの観光客の受け入れについて問題ないとの認識を示しており今回こそバンコクでの隔離なし入国が開始されそうです。

タイ政府は12月、1月と徐々に対象地域も拡大される予定となっており、徐々に入国に関する条件も緩和されていくのでしょう。

こちらに関しては、今後詳細が発表されるのを待ちましょう。

≫ タイの新規感染者数が久しぶりに1万人を下回る、11月からバンコクでも観光客受け入れ開始?

現時点のタイ入国時の隔離条件は?

10月1日以降ワクチン接種をし、ワクチン接種証明書を持っている人がタイに入国する際の隔離期間の短縮が行われており、最短で7日間となっています。

・ワクチン接種証明書有りの旅行者
 - 隔離期間:7日間
  – 入国後のPCR検査:2回(入国0日目 or 1日目 / 入国6日目 or 7日目)

・ワクチン接種証明書無しの旅行者(空路か海路での入国)
 - 隔離期間:10日間
  – 入国後のPCR検査:2回(入国0日目 or 1日目 / 入国8日目 or 9日目)

・ワクチン接種証明書無しの旅行者
 - 隔離期間:14日間
  – 入国後のPCR検査:2回(入国0日目 or 1日目 / 入国12日目 or 13日目)

店内飲酒・娯楽の再開は12月までに?

11日の会見でプラユット首相は12月1日までに店内飲食と娯楽施設を検討していくとしています。

タイ旅行の目的が娯楽も多いと思いますが、そういう人は店内飲酒や娯楽施設がオープンしてからタイに来る予定を組みそうな気がしますね。

現状、タイでは夜間外出禁止と店内飲酒の禁止、娯楽施設の営業制限が行われているため、夜の街は静かなようです。観光客受け入れ再開に合わせて制限の大幅な緩和に期待したいです。

Twitterで現在の各地の夜の街の雰囲気をチェックしてみました。

バンコク/パッポン通り

@nantokajisooさんが投稿していた昼のパッポン通りの写真、昼間ですがパッポンのごちゃごちゃした雰囲気がなくなり閑散としています。

パタヤ/ウォーキングストリート

サラパオ@BKKさんが10月10日に投稿しているパタヤのウォーキングストリートの写真です。
空き物件も増えているようです。

シラチャ/ソイ6

長靴をはいた猫@シラチャさんが投稿していたシラチャSoi6の写真です。当然開いているお店はなく静かな街になっています。

今回は3枚の写真をご紹介しましたが、夜の街は規制が緩和されれば、すぐに賑やかさを取り戻しそうな気もするので規制緩和後どのように変わっていくのか楽しみです。

日本は最初の隔離なし入国の対象国となるのか?

現在、タイが感染者数が少ない低リスク国にしている国は以下の通りです。

中国サンマリノバルバドス
台湾シンガポールハンガリー
香港スロバキアポーランド
アイスランドスロベニアマカオ
アンドラチェコマルタ
ウルグアイドミニカモルドバ
オーストラリアニュージーランドラトビア
カタールノルウェーリトアニア
クロアチアバーレーンルクセンブルグ

現状は日本は入っていませんが、候補に出ていたアメリカとイギリスも入っておらず、どこかのタイミングで見直される可能性は十分あります。

さいごに

タイの新規感染者数は10月に入ってから1万人前後を行ったり来たりしておりますが、11月に隔離なしでの入国を認めるという事はワクチン接種は順調に進んでいるのでしょう。

まだどうなるのか不透明な部分もありますが、詳細の発表を待ちたいと思います。