9月1日からバンコクを含むダークレッドゾーンで規制緩和。

タイ生活・タイ情報

9月1日からバンコクを含むダークレッドゾーンで規制緩和

9月1日から規制緩和を検討しているという話が出ていましたが、そこまで感染者数が減少していないので、まだ規制が続くと思っていましたがダークレッドゾーンで一部の規制が緩和されることになりました。

店内飲食に関する規制緩和

現状:飲食店は20時まで営業可能、テイクアウトのみで店内飲食は不可
➡飲食店は20時まで営業可能、店内飲食許可(エアコン有:50%/エアコンなし:70%)

店内飲食に関して緩和されたのはかなり大きいですね。特に出社時のランチできる場所が増えるのは嬉しいですね。

ショッピングモールに関する規制緩和

現状:ショッピングモールなどは閉鎖。(薬局、スーパー、ワクチン接種会場のみ、20時まで可。)
   ➡20時まで営業可能、(映画館・スパ・ジム・プール・会議室・遊園地は閉鎖)

ショッピングモールも一部業種を除いて20時まで営業可能になりました。今まで買い物がネットショッピングのみという状態だったので助かりますね。

集会の人数制限に関する規制緩和

現状:5人を超える集会・活動は禁止。
   ➡25人を超える集会・活動は禁止。

集会・活動の制限に関しては今までもそこまで影響なかったのですが、活動出来る人数が多くなりました。

公共交通機関に関する規制緩和

現状:乗客数を定員の半分に制限しての運行が可能。
   ➡ 乗客数を75%以下に制限しての運航が可能。

乗客数の管理をどうやって行っているのかは分かりませんが、乗客可能数が25%増加しました。今までより増加したのは良い傾向ですね。

美容・健康関係に関する規制緩和

現状:美容室・マッサージ店は営業不可
  ➡ 美容室は営業可能(1時間で完了するメニュー、予約必須)
  ➡ マッサージはフットマッサージのみ可。

個人的には美容室で髪の毛を切れるようになったのがかなり嬉しいです。マッサージはフットマッサージが好きな人には嬉しいかもしれないですね。

学校に関する規制緩和

現状:学校は原則リモート授業にて運営を行う。
 試験などでの学校内の施設の利用は文部省の事前許可が必要。

こちら、試験などでの利用のようなので通常授業が可能になるのはまだ先なのでしょうか?リモート授業が長引くと子供たちが少しかわいそうですね。

運動施設に関する規制緩和

現状:運動施設は閉鎖。
   ➡屋外タイプのスタジアムや換気の良い施設は利用可能(バンコク都の事前承認・20時まで)

屋外型のスタジアムにはゴルフ場は含まれるのでしょうか?ゴルフができない事がストレスという人が多いようなので9月から解禁されると良いですね。

現状分かっている規制緩和は上記のイメージのようです。そのほかの規制緩和があれば追加で記載していこうと思います。

9月から規制が緩和されるという事で飲食店や美容室など今まで営業できなかった業種は今回の規制緩和でかなり助かったのではないでしょうか。

店内飲酒禁止や在宅勤務、夜間外出禁止などの規制はとりあえず2週間は延長されるようですので、次の規制緩和がどうなるか楽しみにしていきましょう。

直近7日間のバンコクの感染者数

今回規制緩和が行われますがバンコクの直近7日間の新規感染者数はどのように推移しているのか見てみましょう。

日付新規感染者数
8月21日4342
8月22日4399
8月23日3472
8月24日4025
8月25日4139
8月26日4178
8月27日4699

バンコクの感染者数自体はまだ減少には転じていませんが、様々な業界からの要望に応えて規制緩和となったのでしょうか。どちらにしても多くの業種で厳しい状況なので規制緩和をせざるを得ない状況だったのでしょう。

バンコクのワクチンの接種率はかなり上昇しているようなので、感染者がある程度増加しても重症化しにくくなってきているのでしょうか?再度、制限強化とならないように感染予防をしっかりして次の規制緩和を楽しみにしましょう。

さいごに

今回も長かった店内飲食の制限がなくなったのはかなり大きいですが、もう少し営業時間が伸びないとなかなか夜ご飯を外で食べるという事は難しいかなとは思います。

まだそこまで大幅な規制緩和とはなっていないので、次のタイミングでさらなる規制緩和を期待しましょう。