バンコク生活で営業制限などで不便になったことと、制限がなくなったらやりたいこと。

タイ生活・タイ情報

営業生活で少しだけ不便になったバンコク生活

8月後半になりましたが、いまだ連日感染者数は2万人オーバー、死者数も300人オーバーとなっており、制限が行われた生活が続いています。

店内飲食禁止に関してはデリバリーサービスが充実しているため、そこまで生活で困ることはないですが、少しだけ生活が不便になったと感じる点がいくつかあります。

今回は自分が不便になったなと思うものをいくつかご紹介します。
9月からは多少これらの不便が解消されてくると良いですね。

銀行の来店予約

カシコン銀行では混雑を避けるために予約が必須となっていて少し面倒になっています。枠もあるため事前に予約する必要があるので結構面倒です。予約フォームでの予約になりますが、コールセンターでも予約を受け付けてくれました。これは不便になったものの手続きは出来るのでそこまでは困らないですね。

美容室

現在、美容室が閉まっているので髪を切ることが出来ないのは結構不便、普段はそこまでこまめに髪を切らないのですが、今回はパーマもかけたので伸びてきて結構うざくなってきました。
いざ切れないとなると切りたくなりますね。制限が解除されたら早速髪を切りに行きたいと思います。

陸運局

免許の更新をしたいのですがとりあえず、8月末までは陸運局は開いていないようなので免許更新が出来ず不便です。また開いていても直接行ってすぐに出来るのか、予約になるのか分からないのも微妙ですね。以前、シンダイに運転免許更新に関して問い合わせたところ、今はやっていないという回答だったので他の代理店を探してみようと思います。

不便になったなと思う事は意外に少なく、上記の3つくらいでしょうか。
冠婚葬祭があった時にも一時帰国できなくなったという事などもありますが、普段の生活はそこまで大きく不便になったという事は無いように思います。

規制が全くなくなったらやりたいこと

現在は様々な規制が行われていますがこれらの制限がなくなれば、やりたいこともいくつかあります。
髪を切るや免許更新以外にやりたいことを考えてみました。

日本への一時帰国

最後に日本に一時帰国したのが2019年8月とすでに2年が経っているので、そろそろ一度日本に帰っておきたいところです。タイだけでなく日本での制限も関係してきますが両方で隔離期間がなくなれば日本に一時帰国したいと思います。

飲み会

現在、バンコクでは店内飲食が制限されているので、店内飲食・アルコールの提供が可能になったら、飲みたいと思います。家では飲まないので全くお酒を飲まなくなっているので健康には良さそうですが、やはり定期的に飲み会でストレス発散するのは大切ですね。

タイ国内旅行

タイ国内旅行はそこまで興味が無かったですが、最近は県境の移動制限などもあるのでタイ国内旅行もなかなか難しくなっていますが、県境の移動の制限が解除されたらのんびりできる場所に旅行に行きたいと思います。

コロナ禍で娯楽が制限されているので、制限が解除されたらストレス発散を兼ねて旅行に行きたいですね。有給休暇も溜まっているので上記を一通り満喫したら、どこか海外旅行にも行きたいと思います。

さいごに

今後の感染者の推移は全く読めませんが、年末か年始にはある程度制限が解除されるようになればいいですね。

現在の規制はとりあえず8月末までは継続が確定しているので、9月以降どうなるのかまだ分かりませんが、ある程度規制緩和されることに期待しましょう。