チョンブリ県でも新型コロナ感染者増加、7月14日までに4,500人超。

タイ生活・タイ情報

7月14日は513人の新規感染者数

日本人が多く住むシラチャや観光地パタヤがある東部チョンブリ県でも感染者が増加しております。
7月14日では513人新規の感染者数が確認された。

7月に入ってからのチョンブリ県での新規感染者数は以下の通りです。

7月1日261
7月2日222
7月3日294
7月4日275
7月5日279
7月6日266
7月7日262
7月8日290
7月9日317
7月10日359
7月11日381
7月12日399
7月13日459
7月14日513
合計4,577

徐々に増加いている状況ですが、500人を突破し警戒が必要な状況です。
7月14日までの感染者数は4,577人となっており

チョンブリ県も13日から夜間営業制限が行われています。

バンコクでも様々な業種で夜間の営業制限が行われていますが、7月13日からチョンブリ県でも複数の業種で夜間の営業の制限が行われております。

夜9時以降は警察署や病院などの必要な事業以外は閉鎖されている状況で、バンコクと同様の制限が行われています。

また、複数個所で検問を実施し、不要不急の県を跨いだ移動や、不法な移動を取り締まっているようです。

さいごに

500人を超える感染状況となっており、さらなる拡大を防ぐために必要な措置なのかもしれませんが、飲食店や美容室などは厳しい状況になりそうですね。

チョンブリ県は出張で時々言っていましたが、最近は全く行く機会もなくなりましたが次行くまでにお店が賑わいが戻ることを期待します!