バンコクの店内飲食禁止は延長。コロナで有休を使うタイミングが無い!

タイ生活・タイ情報




バンコクの店内飲食禁止は5月17日まで延長

現在、首都バンコクを含む6都県で店内での飲食禁止を含む制限が出されているが、その制限が2021年5月17日まで延長される事が決まったとのこと。

在タイ日本大使館からの情報は以下の通りです。

・5月7日、バンコク都は、先に発令した「バンコク都告示第25号」及び「バンコク都告示第26号」で定められていた施設の閉鎖や管理に関する措置の適用期間を5月17日まで延長する「バンコク都告示第27号」を発出しました。

・告示のポイントは以下のとおりです。
・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。

1 「バンコク都告示第25号」及び「バンコク都告示第26号」で定められていた施設の閉鎖に関する措置の適用期間を5月17日まで延長する。

2 「バンコク都告示第25号」の規定が「バンコク都告示26号」と規定と競合する場合には、後者を適用せしめる。

3 本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合があり、また非常事態令に基づき、2年以下の禁錮ないし4万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。

現状はいつまで制限が続くのか分かりませんが、制限解除が感染者数の減少であればかなり長引く可能性が高そうな気がしますね。

コロナで使うタイミングが無い有給休暇

コロナ前は有給休暇を「日本への一時帰国」や「海外旅行」で定期定期に使用していましたが、昨年のコロナ以降有給休暇を使う必要のあるイベントも無く溜まる一方です。

今働いている会社の規定では翌年への繰り越しは20日までとなっているのですが、このまま使わないと50日くらいまで溜まりそうな予感がします。最終的には買取り制度があるので無駄にはならないのですが、あまり溜めるのも良くないので、どのタイミングで使うか悩みどころです。

今、有給休暇を使っても家に籠るだけなので使う意味もないですが、皆さんどうやって有休を使っているのでしょう。何となく選択肢を考えてみました。

年内に旅行が出来るようになる事を期待して待つ

タイも感染拡大前はワクチンパスポートの導入をかなり前向きに検討しており、年内であればワクチン接種で隔離なしという状況にはなるような気がします。
ここから感染数が減少していく事が前提ですが、これを待つというのはありですね。
年内に旅行できる状態になる事に期待します!

強行で日本に一時帰国をする

もう一つの選択肢としては隔離期間を覚悟で日本に一時帰国するという方法です。
かなりの10日使えば2週間休めるのですが、隔離期間が短くならないと隔離だけで終ってしまうので両方1週間程度まで短くならないと厳しいですね。
また、日本の感染数も減少しないと安心して日本に行けないですね。

タイ国内でのんびり過ごす

タイ国内旅行でのんびり過ごすという方法も選択肢としてありますが、現状はタイ国内の観光地でも制限がある場所が多いのでこれらの規制が解除されてからという形になると思います。
ただ、タイ国内の観光地は行った事がある場所が多いのでわざわざ有休を使っていくほどではないかなと思います。

さいごに

店内飲食の制限が延長されることが決まりましたが、いつまで延長されるかはまだ分からず長引けば閉店する飲食店も増えてきそうな気がするので早く新規陽性者数が減少してくると良いですね。

有休に関しては、特に使うタイミングが無いのでコロナが収まるまでのんびり待とうと思います。