4月11日タイ国内新型コロナ陽性が964人に。各地方の新規の感染者数は?

タイ生活・タイ情報

タイで新規の新型コロナ陽性者が964人に

タイ政府の発表によると4月11日の新たに発見されたタイ国内での新型コロナウイルス陽性者は964人と1日1000人に迫っています。タイの77県のうち58県で新規に新型コロナ陽性者が確認されており、広い範囲で新規陽性者が見つかっている状況です。

尚、感染者が100人を超えた県は以下の通りです。

バンコク236人
チョンブリ180人
チェンマイ189人

日本人も多く住む地域でもコロナの感染が進んでおり、ソンクラン後の数値次第ではまた在宅勤務や制限の強化も行われそうですね。

チョンブリも急増

チョンブリ県は日本人が多く住むシラチャや、ビーチリゾートのパタヤがある地域ですが、この地域でも4月11日の政府発表では180人の新規陽性者が確認されています。
シーラチャーは外務省の発表によると、約6000人の日本人が住んでいるとされています。

2019
シーラーチャー6,043

現在、チョンブリ県でもバンコク同様に娯楽施設などの閉鎖が行われている。
尚、飲食店に関してはAM5時~PM10時のみ店内での飲食が可能となっているとの事です。

チョンブリへの移動時の自己検疫や隔離検疫は行われておりません。

チェンマイも急増

チェンマイにも日本人が1000~2000人ほど住んでいると言われていますが、そのチェンマイでも新規陽性者の確認が増加傾向に在るようです。尚、チェンマイに住む日本人はリタイアした長期滞在者の方が多い印象でです。

チェンマイでの感染者数の増加に関しても娯楽施設の営業が関係していると言われており、バンコクなどと同様に娯楽施設は閉鎖となりました。

また、チェンマイでは危険地域からチェンマイに入った場合には自宅や宿泊施設での14日間の自己検疫が必要となり、感染拡大防止のための取り組みをスタートさせています。

さいごに

すでに制限された業種もありますが、徐々に好転してきていた業種も多いので、これ以上感染が拡大してまた厳しい制限が行われる事がないと良いですね。

ワクチン関連では明るいニュースが増えてきているので、接種済の人が増えてコロナが終息に向かっていく事を願っています。