大使館からのメール「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都による緊急会見)」

タイ生活・タイ情報

サムットサコーンでの感染拡大を受けてバンコク都が会見

12月20日に大使館から「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都による緊急会見)」という件名でメルマガが来ましたので御紹介します。

先日、ブログでもお伝えしたバンコクの西隣サムットサコーン県での新型コロナウイルス感染者拡大状況及び同県の中央エビ市場にて感染したと見られるバンコク都住民一例の発生を受け、本日12月20日、バンコク都感染症対策委員会が招集され、緊急会見が夕刻行われたとの事です。

上記の会見で発表された、バンコク都としての対応概要は以下のとおりです。

バンコク都の対応概要を見てみる。

●都内の生鮮市場等を対象として、積極的疫学調査を実施する。

積極的疫学調査とは、感染症などの色々な病気について、発生した集団感染の全体像や病気の特徴などを調べることを差しますが、バンコクの生鮮市場でも新型コロナの感染状況等を調査するという事でしょうか。

●参加者の多い、参加者の距離が密になるようなイベントは当面控えるようお願いしたい。感染の危険性が考えられる施設や活動としては、娯楽施設、ムエタイ・ジム、各種市場である。これら施設や活動をはじめとして、物理的距離の確保やマスクの着用といった防疫措置の徹底を改めて呼びかけたい。

上記の通り、いくつかの施設や活動に関して控えるように自粛要請を行ったようです。
特に禁止という事ではないので、ソーシャルディスタンスを守って、マスクの着用を徹底していれば現状は問題ないという事でしょう。
これから忘年会シーズンですが、特に飲み会等に関しては自粛の要請という事ではないと思いますが、少々開催を躊躇してしまいますね。

●今次感染者の多くを占める外国人労働者が利用することの多い公園について、都営公園は引き続き営業を続けるものの、密になることを避けるようお願いしたい

外国人労働者が公園を利用する事が多いとは知りませんでしたが、こちらも要は距離を取って気を使った使ってくださいという事でしょう。

●寺院も外国人労働者が集まる場所として知られているところ、宗教行事の自粛をお願いしたい。

寺院も外国人労働者が集まる場所なんですね。これも初めて知りましたが、宗教行事の自粛という事です。

●年末年始の各種イベントの自粛を求める。この点、都当局関連の行事は全て中止を決定したところ、民間にも協力をお願いしたい。

年末年始の各種イベントの自粛を求めるとの事で、「Amazing Thailand Countdown 2021」などのカウントダウンイベントへの自粛要請ということでしょうか。
強制ではないようなので、開催は出来ると思いますが、中止したらかなりの打撃がありそうですね。

●仮にそれらイベントを実施する際は、保健当局から許可をとりつけ、防疫措置を徹底した上での実施をお願いする。

イベントを開催する場合には、許可を取って防疫措置を徹底すれば実施しても良いという事ですね。今年のカウントダウンイベントは例年よりかなり小規模になりそうですね。

●都内の官民全てに対し、少なくとも向こう14日間、可能な限りのwork from homeをお願いする。

14日間のWork From Homeのお願いですが、14日というと1月4日までですかね?
年内は可能な限り自宅勤務して欲しいという事ですが、各社対応が分かれるでしょうがどうなるのでしょうか。

●都営の教育機関について、サムットサコーン県に距離的に近い区内(バンボン区、ノンケーム区、バーンクンティアン区)に所在する学校については14日間の休校、つまり明年1月4日までの休校を決定した。他の都営の教育機関についても不要不急な試験等の実施を避けるよう指示済みである。

サムットサコーン県に近い学校は休校という事ですが、タイには冬休み等は特にないんですかね?

さいごに

バンコクも近隣地域での新型コロナ感染拡大という事で、かなり危機感を持っているようですね。

ここでまた夜間外出禁止や、サムットサコーン県と同様にほぼロックダウンの状態になると、せっかくここまで回復来て来た経済が再度落ち込むことになるので、バンコクで感染拡大とならないようにして欲しいですね。