最大270日まで延長出来る、特別観光ビザでタイの観光業は復活するのか?

タイ生活・タイ情報




90日間滞在可能な特別観光ビザ

タイ政府は9月15日の会議で観光目的での入国の際に、「90日間滞在可能」で2回更新する事で最長270日滞在可能になる特別な観光ビザの発給を開始することを承認したとの事です。

ただ、「14日間の隔離」「10万米ドル以上の治療費用の付帯の保険への加入」「航空便の予約」などの入国の条件は特に変わらないと思われるので、日本人でこのビザを使って観光に来る人はそこまで増加しないと思います。

ただ、ヨーロッパの国々では長い場合では3ヵ月程度の長期休暇を取得してタイに観光に来る人も多くいるのでそういった方の来タイは増えてきそうですね。

この特別観光ビザの取得は2,000バーツ程度の金額になる見込みで、現状では来月から発給が開始され、2021年9月末までこのビザの発給を行う予定のようです。

タイに長期滞在したい外国人用のビザ

この特別観光ビザは、タイに観光目的で長期滞在を希望する外国人旅行者のために発行されるビザです。当然このビザで就労は出来ません。

このビザで入国して就労して摘発というパターンも増えてきそうな気がしますね。

14日間の隔離は必要

この14日間の隔離をなくすことは市中感染0が続いているので、国民感情からなかなか難しい状況です。当面はこの14日間の隔離はなくならないのではないでしょうか。

この特別観光ビザで入国した場合にも、タイ政府が指定しているASQ対象のホテルなどでの14日間の隔離が必須となる見込みです。

入国数は一定数に制限

タイ政府は1週間に100~300人程度がこの特別観光ビザを使って入国すると見込んでいます。

そこまで多くですが、この取り組みをきっかけにシンガポールと同様に国によって隔離の免除や隔離期間の半減等を行っていく流れになることを期待しましょう。

入国に必要な準備は現在と同じと予想

現在はタイに入国するためには以下をクリアする必要があります

・特別航空券を航空会社から買う(約10万円)
・ASQのホテルを予約する(約15万円~)
・条件に合った医療保険に加入する(約10万円~)
・COE(在留資格認定証明書)の申請と受け取り
・RT-PCR 検査を受け、英文陰性証明書とFit to Flyを作成してもらう(約4万円)

上記以外にも住んでいる地域によっては、大使館での手続きを行ったり、出発前日に東京に滞在する費用などでさらに費用がかかるのでさらに費用がかかると思います。

特別観光ビザはどの程度の効果があるのか

個人的にはこの特別観光ビザの開始が厳しい状況が続くタイの観光業に大きな影響を与える事はないと思いますが、これをきっかけにさらなる緩和が続く事に期待しています。

タイ人向けのタイ版GoToキャンペーンは一定の成果を出しておりますが、いまだ厳しい状況で政府も色々と救済策を検討しているようですが、なかなか効果的な手は打てていない状況で、観光業にとっては厳しい状況が当面は続きそうです。

さいごに

バンコクの中心部は観光客はいないですが、在住者が多く行き交い、渋滞も以前より酷くなったのでは?と思うほどです。外食や接待などはコロナ前と比べて減少しているようですが人気のお店には行列が出来るようにもなっています。

3月からコロナでの経済の停滞が開始されたとするともう6か月が経とうとしており、多くの企業はそれぞれこの状況が当面続く事を前提に事業内容などの見直しや体力のある会社は新規事業の立ち上げや、不況で撤退した立地の良い場所への出店しています。

以前のように戻るという期待で待っているだけではじり貧になっていくので、今訪れているウィズコロナの時代に向けて個人も企業も成長し続けていく必要があるのでしょう。

コメント