タイで携帯電話の契約どうする??日本との違いなどをまとめてみた

スマホ・通信・アプリ
f:id:yourmobile:20190725195747j:plain




タイと日本の契約電話契約の違い

日本では皆さん、NTT DOCOMOやSoftbank、AUといった通信キャリアが展開している携帯ショップに行くと思いますが、それはタイも同じでAIS、True、Dtacといったキャリアが展開している携帯ショップに行って契約を行う事が可能です。

ここでの大きな違いは契約時の言語です、日本では当然日本語で丁寧に受けることが出来た事もタイでは「タイ語」もしくは「英語」にて契約を行う必要が出てきます。

また、日本の場合はキャリアが選定したスペック(性能)が安定している端末が多い為、基本的にはどの端末を利用しても困る事はありません。それがタイの場合には低価格な端末を買った場合、すぐに壊れる・まともに使えない、日本語が使えないといったトラブルに巻き込まれてしまう事があります。

上記を理解して携帯電話の契約を行う事が重要です。

タイの契約形態は大きく分けて2種類

日本では基本的には後で請求書が届く、ポストペイド(postpaid)での契約が基本だと思いますが、タイではポストペイド(postpaid)とプリペイド(prepaid)の2種類がメインで提供されています。

■プリペイド(prepaid)での契約について

プリペイド(prepaid)での契約の際には先払いしておいた残高から利用した分がどんどん引かれていき、なくなったら追加していくようなイメージです。以前はコンビニでも簡単に購入出来ていたのですが、最近はパスポートの登録が必須になった事から、キャリアショップでの契約が一番スムーズに行えます。

ポストペイド(postpaid)と違い、必要書類(パスポート)とSIM購入代金さえあれば入手可能で、購入後はアプリやコンビニなどで残高をチャージしていく事が可能です。タイに赴任される方でも最初はプリペイドを契約する方も意外に少なくありません。

■ポストペイド(Postpaid)での契約について

ポストペイド(PostPaid)は後払いという形で日本と同様に1ヵ月分がまとめて後請求される形になります。基本的には請求書領収書が送られてくるのでプリペイド(Prepaid)と違い、請求内容の詳細を確認する事が出来る為、基本的には法人での契約はポストペイド(PostPaid)での契約となります。

ポストペイドでのご契約は個人の場合にはパスポート(Passport)とワークパーミット(WorkPermit)の2つの書類が必要となり、タイに来た直後はワークパーミット(WorkPermit)が手元にない事も多い事がまずは、プリペイド(prepaid)での契約になる原因となっています。

タイの契約形態は大きく分けて2種類

タイは日本人数が約10万人ともいわれており、携帯電話サービスも日系の企業が進出してきています。私もタイに来たときはまず、以下の携帯電話ショップに行き契約を行いました。

■ベリーモバイル(berrymobile)

WEB:https://www.berrymobile.jp/thailand/

なぜ、ベリーモバイル(berrymobile)に行ったかと言うと、以下の理由からです。

①英語力に自信がないので日本語という安心感。

②店舗を覗いた際に日本人が複数人いて安心。

③日本で受け取れた。

ただ、友達でベリーモバイルを使っていない人もいるので、理由を聞いてみたところ、「価格がローカル価格より少し高い」「携帯代金は300バーツくらいが上限」といった金額面での理由が大きいようです。

尚、日本のAmazonでSIMカードを販売しているのでタイに来る際に購入されると良いと思います。

端末はSIMロック解除して日本から持ち込みが安心

日本のキャリアで購入した端末の場合、基本的にはスマートフォンにSIMロックという、購入キャリア以外のSIMカードが使えない規制がかかっています。

SIMロックが掛かっている場合にはタイのキャリアのSIMカードを入れても使う事が出来ないので注意が必要です。

使い慣れたスマホが使いたい場合には、事前に各キャリアで解除をしてからタイに来るようにしましょう!

コメント