9月26日まで延長なるか??滞在期限延長の申請が必要に?

タイ生活・タイ情報

バンコクポストの記事によると、現在滞在期間の自動延長により2020年7月31日までは、滞在期限の延長が認められていますが、これの延長の可能性が出てきたとの事です。

タイ入国管理局の局長が「7月31日に滞在期限が切れた後も外国人観光客は、滞在期限延長の申請をすることが可能。」と述べたとの事です。

前回、滞在期間の延長に関しての以下の記事を書いた時からするとかなり状況が変わってきましたね!





詳しく現在の噂を調べてみた。

正式な決定は内閣の承認が必要なのでまだ、確定ではないですが、現在滞在期間の自動延長でタイに滞在している方には朗報なのではないでしょうか?

現在、帰国便が無いなどの理由でタイ国内に滞在している外国人観光客は8月1日から9月26日までは猶予期間が与えられるようです。

この猶予期間中に「帰国できない理由」と「必要書類」を提出する事で、滞在期間の延長が可能になるようで、内閣の承認後に詳細の申請方法などが告知されると思います。
この「帰国できない理由」ですが、日本は帰国便が出ていますが、問題なく手続きを進められるのか気になりますね。

少し気になる点

①帰国便がある場合も申請が通る?
現在でも日本へのフライトはあるため、帰国は可能なため、本当に観光で来ている日本人が申請が通るのかという点が一番気になりますね。帰国便がある国の人は「帰国できない理由」とはどういった物が考えられるのでしょうか?

②手続きに必要な書類は?
次に申請に必要な書類ですが、これに関してはタイ国内で取得可能な物ばかりになると思うのでそこまで気にする必要はないかもしれないですね。申請料金もそこまで高額にならずに観光ビザ申請時と同等か無料であれば問題は無さそうですね。

③申請が通らない場合にも9月26日迄は自動延長される?
今回の報道では、申請が必要とあるのですが、申請が通らなかった場合にも9月26日までは滞在が可能で、延長手続きなしに9月26日以降も滞在した場合は罰則があると言う事ですが、申請無しで9月26日に出国しても問題ないでしょうか?

現在も30万人以上の外国人が滞在している。

現在、30万人以上の外国人がこの滞在期間の自動延長でタイに滞在していると噂されていますが、この人達にとってはこの延長に関してかなり期待しているでしょう。

この滞在期間の延長申請を10,000バーツにして、全員が申請すれば結構お金が入ってきますね。

30万人×1万バーツ=30億バーツになるので、これを使って空港の「90分で判明するPCR検査設備」や隔離検閲関連に使って、外国からの入国者の受け入れ体制を整えて欲しいと個人的には思います。

結局まだ最終決定ではないので、政府からの正式発表を待ちましょう!

コメント