タイへの入国者は隔離検疫じゃなかったのか?突然出てきた2件の感染ニュース。

タイ生活・タイ情報




スクンビットソイ26にコロナ感染者が滞在

タイ人の同僚から、新型コロナの感染拡大防止策がせっかくいい方向に行っていたのに、なんて事をしてるんだ!と怒っているので話を聞くと、スクンビットソイ26のコンドミニアム「Condo One X Sukhumvit 26」に滞在していたスーダン人の女の子が新型コロナに感染している事が発覚したことの事です。

何故そこまで怒っているのかを聞くと、その少女はスーダンの外交官の娘なので、タイ入国後に14日間の隔離検疫を行うことなく、外交官の住まいであるコンドミニアムで自己検疫を行っていたとの事です。

この外交官だからという理由で14日間の隔離検疫が無く、自宅検疫になっていた事になっていた事にどうやら怒っているようで、せっかくトラベルバブルやワークパーミット所持の人の入国が徐々に見えてきていたのに、どうしてくれるんだ!と憤慨していました。

Condo One X Sukhumvit 26を調べてみた。

Condo One X Sukhumvit 26には、Studioタイプから3Bed Room迄のタイプがあり、家賃は約20,000THB~約65,000THB程度の様です。

恐らく、外交官が住んでいたのは3Bed Roomだとは思いますが、外交官というと何となくもっと高級な物件に住んでいると思っていたので意外ですね。

結構、日本人も多く住んでいるようで不動産屋の情報をいくつか見ていると6~7割程度の物件に日本人が住んでいるという情報もあります。かなり日本人に人気の物件なんですね。

ただ、Twitterを見ているとコンドミニアムの対応はかなりシッカリしていたようです。

上記が、コンドミニアムに張り出された案内のようですが、少女のコンドミニアムでの行動や、コンドミニアム内の消毒も徹底するようです。

あとは、居住者や居住者のアヤさんやドライバーなどの濃厚接触者に関しても無料で新型コロナの検査を行ったようで、明日検査結果が出るようです。

一気に感染拡大と言う事が無ければ良いのですが。

エジプト人兵士の男性はラヨーンに滞在

Google MAP

このエジプト人兵士は7月8日にエジプト軍用機でラヨーン県ウタパオ空港から入国したようです。この男性はタイを出国後に陽性が確認されたそうで、それまでの間、ラヨーンのホテルに滞在し、ラヨーンのショッピングセンターも訪れていたとの事です。

なぜ、感染の確認なく、ホテルに滞在し自由に行動出来たかというと、軍用機でタイに入国した外国人は隔離検疫を法的に免除されているため、入国後に検査なく街中に滞在し歩き回ることが許されているとの事でした。

尚、滞在したホテルはラヨーンにある「D Varee Diva Central Rayong」というホテルとの事で2020年7月8〜11日の間、滞在してたそうです。

ホテルは少なくとも14日間は閉鎖され、徹底した消毒がおこなわれるとの事で、予約者には返金の対応を行うとの事です。

軍用機での軍関係者の入国は可能と言う事は何となく知っていましたが、隔離検疫なしで街中のホテルに泊まれるのは驚きでした。軍用施設に宿泊するのかと何となく考えていました。

13日の調査では外国人の入国、過半数が反対

先日、バンコクポストが報じた内容によると、国家開発管理研究所が実施した医療目的の外国人の受け入れに関して半数以上が反対という結果になったとの事です。

調査の内容は「新型コロナウイルス陰性での外国人で医療を目的にタイへの渡航を希望している外国人を受け入れて、14 日間の隔離後国内旅行を認める」事に関してです。結果は「強く反対」と「反対」で約55%となりました。

国内の規制が緩和された今の状況で、第2波が来て再度自粛生活に戻る事を懸念しての結果でしょう。

次に前回と同様に営業禁止となった場合にはかなり多くの企業や店舗が倒産や撤退を行う可能性が高いと思うので入国に反対する気持ちも分かりますし、現状厳しい観光業等は早く海外からの入国者が増えて売り上げを上げたいので「賛成」という気持も分かります。

今回の件は外交官の特権のような形で、隔離施設での14日間の検疫の免除がおこなわれていたようですが、この結果を踏まえてさらに反対派が増えそうな気もしますが、どうなるのでしょうか。

もう自粛期間には戻れない

タイ労働省雇用局の発表では、6月に失業手当を申請した件数は50万件を超えており、失業手当の申請は失業から30日以内に行われるので、6月だけでそれだけの人が職を失った事となります。

観光客目当てのモールも悲惨な状況で、先日訪れたTHE MARKET BANGKOKもドン・キホーテ2号店以外はお客さんも少なく、テナントも以下の通り大部分が空きスペースとなっていました。

ようやく、街に人も戻ってきて、飲食店にも人が増えてきている今の状況を見ると、再度、商業施設の営業停止の措置を行うのは難しいでしょう。

新型コロナワクチンの臨床実験来月スタートの見込!

タイの保健省の発表によると、新型コロナワクチンの臨床実験を来月の末までには開始出来る見込みとの事です。

チュラロンコン大学医学部の動物での臨床試験でいい結果が出ているとの事で、保健省に人での臨床実験の申請をしており、認証される見込みとの事です。

他にも数件の臨床実験の申請が出されているようなので、こちらは期待して待ちましょう!

コメント