オミクロン感染拡大でまた在宅勤務・オンライン学習に逆戻り?ブースター接種は?

また在宅勤務・オンライン学習に逆戻り?

タイでもオミクロン株の感染が拡大しており、感染者数は1月6日の発表が6日に5,775人、7日が7,526とかなり増加しています。

タイ政府は民間企業に対しても在宅勤務の実施を呼びかけており、自分が働いている会社でも在宅勤務推奨に逆戻りしました。

学生もオンライン学習に逆戻りする流れがあるようで、今後どうなるのか注目している人も多いのではないでしょうか?

オミクロン株は重症化の確率は低いらしいが

オミクロン株は今までと比べると重症化する確率は低い物の、一定の割合で重症化する恐れはあるので、感染者数が増加を続ければ病床を圧迫してくる可能性は高そうです。

実際、日本人通訳がいる病院のいくつではすでに病床が少なくなっているようで今後感染が拡大してくると入院が難しくなってくるかもしれないので、感染しないように行動することを意識した方が良さそうですね。

まだロックダウンはなし、飲酒の時間の制限は9時に。

観光パイロットエリアである、「バンコク」、「チョンブリ」、「プーケット」、「クラビ」、「パンガー」、「パトゥンタニー」、「チャンタブリ」、「カンチャナブリ」などの8県ではバーなどでの店内飲酒が可能になるとの事です。

ただ、店内飲酒が出来る時間が9時までに制限が行われるなど、一部の規制は強化されるようです。
オミクロンがどうなるのか見極めて規制をどうするか決めていく形になるのでしょうか?

ブースター接種も活発に!

先日、在タイ日本人大使館が日本人向けのブースター接種の情報を展開していました。
病院ごとの接種日時や予約方法、ワクチンの種類などの情報が展開されているのでチェックしましょう。

日本人専用の新型コロナワクチン・ブースター接種(3回目接種)のお知らせ

日本ではブースタ―接種の2回目と3回目の接種間隔を原則8カ月以上としていますが、タイは接種したワクチンの種類によって4週間~6ヵ月とまちまちなようです。

3ヵ月は比較的短いのでブースター接種をするタイミングは結構悩みますね。

さいごに

タイに入国する際にワクチン接種済みであれば、隔離なしで入国できるプログラム「Test & Go」に関しては申請の停止期間を延期する事を決めており、また一時帰国しにくくなってしまいましたが、また緩和されれば次こそ一時帰国したいなと考えています!

今年は夏までには一時帰国したい!

タイトルとURLをコピーしました